ANA176便 香港〜関西国際空港(ビジネスクラス)2012年7月の和食の機内食。香港製の和食も意外な美味しさ!? - とある航空旅行のインデックス

ANA176便 香港〜関西国際空港(ビジネスクラス)2012年7月の和食の機内食。香港製の和食も意外な美味しさ!?

ANA176便に搭乗して香港から関西国際空港までビジネスクラスにて帰ってきました。今回のチケットですが、香港発券のチケットで、香港〜関空〜稚内〜関空〜香港のエコノミークラスとなり、総額は8,100香港ドル(=約86,000円)でした。このチケットはアップグレード可能であるため、アップグレードポイントを8ポイント使用して、香港と関西国際空港の往復分をビジネスクラスにアップグレードしています。

ボーイング767は新しい訳じゃないけど、JALよりも断然席が広いわ☆

関西国際空港行きANA176便

さて、ANA176便、香港から関西国際空港行きの便はボーイング767が充てられています。この機材、特に1人でビジネスクラスで近距離を旅行するときは当たり機材と言えますね。その理由は、座席の配置です。ANAのボーイング767は国際線も国内線のプレミアムクラスも座席配置が2〜1〜2となっており、真ん中の1人席が1人旅には最適なんですよね。

JALの同じ機材はクラスJの時も国際線のビジネスクラスであっても2〜2〜2の配置が通常であり、同じ値段だったら、絶対ANAを選んだ方がいいんじゃない?と思ってしまうほどなのです。

椅子横の置き場

今回のビジネスクラスの利用率は大体半分ちょっとという所でしょうか。羽田絡みの国際線だと満席近くになっている事が多いような気がするので、やはり関西国際空港の発着の路線は厳しいということなのかもしれませんね。ちなみに、ボーイング767ビジネスクラスの真ん中席はこの椅子の横の荷物収納スペースが嬉しいですよね。私の小さなカバンはこの中に入れておけるので、わざわざオーバーヘッドコンパートメントを使うまでもないのです。

椅子はこんな感じです

私は1列目の真ん中席に座ったのですが、たまたま右側の席が2つ空いていたので座席の写真を撮影しました。ちょっと椅子の大きさまでは分かりにくいアングルかもしれませんが、椅子の雰囲気は感じとっていただけるのではないでしょうか?この窓際が空いているのだったら、座席変更しようかなと思ったのですが、他にも狙っている方がいたようで、いつの間にかここに座っているおっちゃんがいました。言うの遅かったわね・・。

まずはお菓子から

さて、そうこうしているうちに飛行機は香港国際空港を離陸し、まずはお菓子とドリンクタイムになります。海外の会社だと、離陸前のウエルカムドリンクの会社が多いように思いますが、ANAとJALは離陸後のサービスが通常ですよね。LCCのジェットスターでもビジネスクラスだとウェルカムドリンクがあるので、ANAあたりにはもうちょっと頑張ってもらってもいいかな〜と思うのですけどね。

ANAのおつまみは昔はもうちょっと美味しかった気がするのですが、ちょっとレベルは下がってしまいました。ただ、これでも久しぶりの日本へ向かう飛行機となると結構美味しくいただけますよね。

定番のかぼすジュース

お菓子のお供には、定番のかぼすジュースをいただく事にします。最近、国内線のプレミアムクラスではジュースの種類がやたらと増えましたけど、国際線だとそれほどジュースがある訳ではないんですよね。お酒の種類は確かに豊富なんですけど、飲めない私にとってはドリンクについては、国内線の方に軍配が上がるような気がします。

今回の機内食はあえて香港発の和食を☆ 久しぶりの日本だしね。

  • 口取り:川海老の唐揚げ 稚鮎の甘露煮 合鴨のロース 厚焼き玉子
  • 小鉢:鱧の湯引き
  • 主菜:魚介の酒蒸し きのこと雲丹の琥珀あんかけ [141kcal]
  • 白御飯
  • 味噌汁
  • 和菓子

私は普段、国内発は和食、海外発は洋食というチョイスをする事が多いのですが、今回は香港発にも関わらず和食をいただく事にしました。それも、今回の洋食はステーキだったんですよね。ビジネスクラスのステーキは結構美味しいんですけど、この前に香港国際空港のユナイテッド航空ラウンジでちょっと軽食をいただいちゃったので、がつんとステーキ・・という気分ではありませんでした。

2012年7月の機内食メインなど

こちらが前菜になります。前菜の所に入っている漬物が見た目は漬物なんですけど、ちょっと謎の食べ物だったのが印象的でした。はもはまるで本場関西で食べているかのような美味しさでしたね。それ以外も、左側のエリアに入っている前菜は一つ一つ美味しくいただく事が出来ました。

2012年7月の機内食ご飯と前菜

そして、こちらがご飯とメインになります。ANAの和食の機内食のお米ってちょっと少なめのような気がします。おかずの種類が豊富なので、いつもご飯が先になくなっておかずが残ってしまうんですよね。まあ、そういう食べ方は下手くそってことなので、もうちょっとご飯を少しずつ食べるべきなんでしょうね。右側の魚介の酒蒸しは、確かに和食なんですけど、ちょっと中華テイストな和食でした。さすがは香港ですね。

2012年7月の機内食デザートの和菓子

今回のデザートは和菓子です。日本でも良くある桃のタイプのアンコ餅ですね。香港や台湾だとこういったお菓子も人気があるようで、スーパーやデパートに行くと良く見かけるタイプのお菓子です。日本と値段が変わらないかむしろ高いくらいなので、原材料を手に入れるのが日本よりも難しいんでしょうね。

コーヒー

そして、食後には定番のコーヒーをいただきました。あれ?ハーゲンダッツは?と思ったけど、ハーゲンダッツが毎回出てくるのはJALの国際線でしたかね。まあ、和菓子を食べてハーゲンダッツも食べると明らかに食べ過ぎになりますよね。

ANA176便 香港〜関西国際空港(ビジネスクラス)

  • 獲得マイル:3,331マイル(プラチナ会員搭乗ボーナス等含む)
  • 獲得プレミアムポイント:1,625
  • 注記:エコノミーからアップグレードポイントを使ってアップグレードしているため、通常よりも獲得マイル・ポイントが少なめとなっています。


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ