台湾桃園国際空港、キャセイパシフック航空ビジネスクラスカウンターのチェックインとビジネスクラスラウンジ設備のご紹介☆ - とある航空旅行のインデックス

台湾桃園国際空港、キャセイパシフック航空ビジネスクラスカウンターのチェックインとビジネスクラスラウンジ設備のご紹介☆

台湾・桃園国際空港からキャセイパシフィック航空のビジネスクラスで香港国際空港まで行くことになりました。今回は、ビジネスクラスカウンターでのチェックインの様子と、ビジネスクラスラウンジの食べ放題以外の内容についてレポートして行きたいと思います。牛肉麺などのビジネスクラスラウンジの食べ放題のお食事につきましては、過去の記事をご覧いただければと思います。

日頃使わないけど、意外に激混みの桃園国際空港第1ターミナルでした。

私が海外旅行で一番使う空港が台北松山空港、そして2番目が台湾桃園国際空港ですけど、桃園国際空港を利用するときは、ANAJALを利用する事が多く、この2つの日系会社は両方とも第2ターミナルを利用しているため、なかなか第1ターミナルを利用する機会がなかったんですね。ただ、今後キャセイパシフィック航空の台湾発券を使う機会が増えそうなので、桃園国際空港の第1ターミナルはおなじみの空港になる予感がします。

なぜか激混みの第1ターミナル

さて、その台湾桃園国際空港第1ターミナルですが、入り口の所でちょうどツアーのお客さん達と一緒になり、なぜか大混雑の状況となってしまいました。中に入った後も、現在ターミナル自体の改装工事を行っているようで、お客さんの数の割には全体的に混み合っている印象でしたね。この工事自体は、2010年から行われているそうなので、今年中くらいには出来上がるのでしょうか。改装後の空港が楽しみですね。

ビジネスクラスカウンターでのチェックイン

さて、キャセイパシフィック航空でも定番の搭乗クラス毎のカウンターとなっており、ビジネスクラス利用の私はビジネスクラスカウンターでチェックインします。利用路線が台湾ー香港なので、英語での対応かな〜と思ったのですが、キャセイパシフィック航空の第1ターミナルは日本行きが多く出ているターミナルですので、当たり前のようにカウンターのお兄ちゃんに日本語で対応されました。さすがは、日本人の利用の多いキャセイパシフィック航空と言った所でしょうか。

ラウンジの案内

その後、手荷物検査・出国審査と終えて少し進むとこのようなラウンジの案内がありました。第1ターミナルのこのエリアには、今回利用するキャセイパシフィック航空のラウンジ以外にも、プライオリティパスで利用できるMoreプレミアムラウンジ、それにチャイナエアラインのラウンジや、遼東航空・タイ国際航空のラウンジもあるようですね。

桃園国際空港MORE PREMIUMラウンジの利用なら、楽天プレミアムカード☆

国内の出張・ご旅行くらいしか行かない、というのであれば自分が利用する航空会社のカードが一番のオススメになりますが、海外旅行も行くし、ツアーだとANAJALの飛行機にはあまり当たらないわね・・。という方には楽天プレミアムカードがオススメです。このカード、国内の主要22空港のラウンジが使えるだけではなく、世界600の空港のラウンジで使えるサービスが付帯されているのです。

もちろん、このブログでは一番利用頻度の高い、台湾桃園空港のラウンジ、MORE PREMIUMラウンジも利用OK☆ そんなクレジットカードなのに年会費はたったの10,500円なのです。この世界のラウンジ利用のサービスはプライオリティパスというんですけど、本当は年399$もするサービスなんですよね。それがたったの10,500円で手に入るなんてお得すぎじゃないですか☆

楽天プレミアムカードなら『プライオリティパス』に【無料】で登録!!

キャセイのビジネスラウンジ、ハードは良かったけどネットは故障中!?

キャセイパシフィックビジネスラウンジの入り口

さて、上の案内がある所からエレベータを使って上の階に昇り、右側を向きますとそこがキャセイパシフィック航空のビジネスクラスラウンジ・ファーストクラスラウンジの入り口になります。入り口は一緒なんですが、ファーストクラスラウンジはビジネスクラスラウンジの奥にあるようで、一旦ビジネスクラスラウンジに入って奥の扉を開ける形になります。

新聞雑誌サービスは豊富

キャセイパシフィック航空は日本路線の本数が多い事が特徴ですよね。東京は当然として、大阪が1日4便・名古屋は1日3便もあり、しかもソコソコ大型機での運行がほとんどとなっています。本当は日本の2社にもうちょっと頑張ってほしい所ですが、そんな日本人の利用が多いキャセイだからか、地元の新聞だけではなく、日本語のものもちゃんと準備されていますね。

ビジネスラウンジの雰囲気

ラウンジの中の様子はこんな感じでした。椅子の大きさも適度にあり、非常に落ち着いたインテリアなのではないでしょうか。しかしながら、こちらの食べ放題エリアの近くは非常に混み合っていて、一部うるさいお客さんがいらっしゃる場合もあると思うので、そういうときは食べ放題エリアから遠くのパソコンのある静かなエリアをオススメしたいと思います。今回は、そちらのエリアには数人しかお客さんがいらっしゃいませんでしたからね。

パソコンと素晴らしい椅子

それが、このパソコンのあるエリアになります。パソコン自体はインターネットがなぜか不調でろくに使えなかったのですが、椅子も結構良いものですし、机も広いので、自分のパソコンを使って仕事をすることができそうですよね。このパソコンは私が見た限り8台ありましたので、作業スペースとしてももってこいなのではないかと思いました。当然、パソコンをしないという方はこっちのスペースにも食べ放題エリアと同じ椅子がありますので、ゆっくりと休むことができますよ☆


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ