関西国際空港8月の散歩。有料ラウンジのリフレッシュキャビンと日本らしいお土産屋さんの探索。カレールーまで売ってるの!? - とある航空旅行のインデックス

関西国際空港8月の散歩。有料ラウンジのリフレッシュキャビンと日本らしいお土産屋さんの探索。カレールーまで売ってるの!?

毎月のように関西国際空港から海外旅行に飛んで行く私。毎月のように関西国際空港に行っていて、さらに空港好きなので、結構早めに空港入りして色々探索してるつもりなんですけど、関西国際空港って見所が多過ぎて、飛行機出発の4時間前に行っても全然時間がないくらいです。今度、夕方の飛行機に乗る機会があれば朝から行っちゃいたいくらいですけど、そういう時、早めにチェックインできない会社だと結局中には入れないんですよね・・。

関西国際空港は有料・無料ともにラウンジが充実していますよね。

さて、関西国際空港は国内でも有数の規模の空港のためか、有料・クレジットカード・プライオリティパス・航空会社など様々なラウンジが準備されています。このブログでもまだ全部は見切れていませんので、色々な航空会社を利用しながら、全てのラウンジを制覇して行きたい所ですね。

ウオーカーヒルカジノ

さて、2012年8月に関西国際空港を散歩している時に撮影した画像を振り返って行きたいと思います。まずは、カジノの広告です。このウォーカーヒルカジノは、ソウルにあるカジノなんですけど、関西国際空港に限らず、結構世界各地で見かける広告かな〜と思います。カジノというと、アジアではマカオやシンガポールのイメージが強いですけど、それ以外の所にも結構あるんですよね。

子供ルーム

こちらはKIX KID ROOMです。お子様のための場所なんですけど、利用料金はなんと無料でした。結構賑わっていたので中の撮影はできませんでしたけど、欧米系の方が子連れで遊んでいましたね。たまたまかもしれませんけど、朝10時くらいのこの時間帯は日本人の方の利用は少なかったように思います。

リフレッシュキャビン

そして、こちらがお金を支払って入る有料ラウンジのリフレッシュキャビンになります。このラウンジは30分500円、60分1000円と結構お高いラウンジなんですが、高いだけあって、マッサージチェアがあったり、シャワーが含まれていたりと設備面ではかなりのもののように思います。

私の見た限り、関西国際空港でシャワーはココにしかないように思いますので、深夜便利用の方は、ここのラウンジで500円払ってシャワーを使っておくとスッキリする事が出来そうですよね。今回は、時間の関係で利用する時間がありませんでしたけど、いずれ深夜便利用時にレポートしたいと思っています。

がんこ寿司

そして、出国後のエリアにはスターバックスのような有名コーヒー屋さんにまじって、大阪らしいがんこ寿司が出店しているんですよね。メニューは空港らしくちょっと高めに思いましたけど、最後に日本っぽい料理を食べたいという方には重宝するのではないでしょうか。

お土産屋さんでは日本風のベタなものは何でも揃う!?

ロイズのチョコレート

せっかくなので、免税店のお土産エリアも見てみる事にしたいと思います。まずは、ロイズのチョコレートです。ロイズって思いっきり札幌やん!とツッコミたくなりますけど、こういうツッコミをしていると歩いてる間、ずっとツッコミをし続けないといけなくなってしまいますので、このツッコミは1回限りにしたいと思います。

東京ばな奈

東京ばな奈です。国内の人はよく買うお菓子で、関西圏のオフィスで出張の多い会社だと月に1回は見かけるお菓子のように思えるのですが、国際線のターミナルにあるということは、外国人にもメジャーなお菓子ということなんでしょうかね?それとも、日本人が買って行くのかしら。ちなみに、オーストラリアはお菓子の持ち込みに厳しいので注意しましょう・・なんて注意文が書いてありました。

by カエレバ

一風堂

最近、シンガポールや台湾にも進出し、勢いを見せているように思える一風堂。国内のお店はわかりませんけど、この両国ではめちゃくちゃ一風堂は並んでいるんですよね。そんな一風堂なので、その味をお土産で持って帰りたいというアジアの方がいらっしゃるのには納得がいくのです。

こくまろカレー

最近、アジアへの出店を積極的に進めている「CoCo壱番屋」のカレー。日本でも人気だとは思うのですが、アジア各国では日本のカレーってのが結構人気なんですよね。そんなカレーだからか、代表的なカレールーであるこくまろカレーがずら〜っと並んでありました。お菓子をお土産に買うのは想像がつくけど、こくまろカレーも人気のお土産だとはなかなか想像がつきませんよね。

炊飯器

そして、最後はお土産の定番、象印の炊飯器です。こちらの炊飯器は表示が英語になっているので、中華圏だけではなく、欧米のお客さんでも問題なく使う事が出来そうですね。日本に住んでいると象印の炊飯器で食べるお米なんて当たり前のように食べていますけど、確かにこの技術ってのは日本ならではなんでしょうね。海外で良く見かけるタイ米は炒めて食べることが多いですものね。

この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ