ANA175便 関西国際空港=香港国際空港のビジネスクラス。2012年8月の洋食の機内食はマンゴープリンが美味しかった☆ - とある航空旅行のインデックス

ANA175便 関西国際空港=香港国際空港のビジネスクラス。2012年8月の洋食の機内食はマンゴープリンが美味しかった☆

今月2回目となるANA175便の関西国際空港から香港国際空港の便、それも香港発券の格安航空券の期限が21日しかなかったからなんですけど、今年の秋以降は、なるべく極端に短い期限の格安航空券は使わないようにしたいと思います。確かに安いんですけど、同じ国に毎月行くってのはいくら好きな国でも連続しちゃうと飽きが来ちゃうんですよね。

ボーイング767

既におなじみとなったエアージャパン運行のボーイング767です。今日は夏休みまっただ中で外は大変暑いんですけど、その暑い天気だからこそ、ANAのボーイング767はこのように夏の天気に映えていますよね。奥にはLCCのチェジュ航空がちょっと見えているのも、この写真のポイントかもしれません。

座席

ANA175便のボーイング767の座席は、ANA系列のボーイング767ではイマイチな方なのですが、JAL系列のボーイング767の座席よりは良いというレベルですね。本当は羽田空港から発着するボーイング767の方が最新の椅子が導入されている事が多いのですが、大阪から直行で行ける路線を羽田空港から乗るのも面倒ですよね。台湾のように、羽田空港から乗れば街中の松山空港に着くというのであれば話は別なんですけどね。

かぼす

さて、機内食の前にはジュースとお菓子のサービスがあります。今までANAの記事を書いて来て、このおかきの嵯峨乃家本店がかなりの老舗としりましたので、それ以降、さらに美味しくこのおかきをいただく事が出来ています。気持ちの持ちようって重要ですよね。

ANA175便 関西国際空港〜香港国際空港(ビジネスクラス)8月の洋食

2012年8月ANA175洋食メニュー

2012年8月の洋食

さて、お菓子と最初のドリンクのサービスが終了しまして、機内食の時間となりました。本当は国内発着は和食の機内食を食べるのが私の鉄則なんですけど、実は今回の路線の2012年8月の和食は別の日に食べてしまっているので、今回は洋食をチョイスすることにしました。

前菜

当然、日本発であっても日本の食事は美味しいので美味しい機内食には変わりありませんよね。まずは、前菜からいただきたいと思いますが、今回はクリーム系が多いように思いました。その中で、一番美味しかったのは「スモークツナのたたき風 にんにくクリームソース」ですね。ソースとたたきと野菜を一緒に食べると絶妙のハーモニーでした。

メイン

今回のメイン料理は「鶏もも肉のソテー」になります。基本的には、洋食系のビジネスクラスのメインメニューといえばステーキドーンというのを想像している方が多いのではないかと思いますし、実際ステーキドーンは多いんですけど、個人的にはステーキよりも鶏肉の方が好きという変わった人種ですので、今回のメニューはウレシイですね。

マンゴープリン

今回のデザートはマンゴープリンでした。今から香港に行くのにマンゴープリンとはチャレンジングだなと思ったんですけど、真ん中の部分にはタピオカを和えたソースが乗っており、さらには果肉もちゃんと入っていまして、香港の高級店で食べるのと遜色ないレベルなのではないかと思いました。もしかすると、今回の機内食ではコレがベストだったかもしれません。

コーヒー

ということで、この超美味しいマンゴープリンを食べながら、ホットコーヒーをいただく事にしたいと思います。本当はこういうマンゴープリンには中国茶の方が合っていたのかもしれませんね。

かぼすジュース

関西国際空港=香港の搭乗時間は3時間半くらいありますので、機内食をいただいてもまだまだ時間はあります。今日の日経新聞に、持って来た本を読んでもまだ時間がありましたね。搭乗時間が長いので、今回は食事時以外にもかぼすジュースをいただきました。あまり頼む人はいないようなんですけど、私はこのかぼすジュースお気に入りなので、出来れば長期で提供してほしいな〜と思うのです。


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ