香港のビジネスホテルの朝食バイキングを初体験。普通のホテルの朝食との差は!? (アイビス香港ノースポイント/北角/香港) - とある航空旅行のインデックス

香港のビジネスホテルの朝食バイキングを初体験。普通のホテルの朝食との差は!? (アイビス香港ノースポイント/北角/香港)

日本のビジネスホテルの朝食は良く食べるのですが、香港のビジネスホテルの朝食は・・・とやっぱり気になりますよね。海外旅行に行くと、ホテルはちょっと奮発しがちになる私なのですが、今回は香港の下町エリアである北角にあるビジネスホテルであるイビス香港ノースポイントホテルに宿泊しました。こちらは、香港では珍しい5,000円台で宿泊できるホテルです。

残念ながら、こちらのホテルの朝食は標準装備ではなく、別途お金を支払っていただく事になりますが、55HK$(サービス料を入れて61HK$)であり、まあ600円くらいならそんなに高くないのではないでしょうか? 香港は、外食の朝食がバラエティ豊富で安いので、外かホテルかどちらで食べるのがお得かは迷う所なのですが、まずは食べてみないと始まりませんからね。

イビス香港ノースポイントホテルの設備・値段などを知りたい方は・・

国内のビジネスホテルで言うと中の上って所かな?

メニュー

こちらは朝食のメニューになりますが、フルのバイキング形式が提供されているのは、6:30〜10:30と書いてあります。では、それ以外の時間帯はというと、値段が27HK$に下がって、パンとコーヒーの朝食に変わるという事だそうですね。まあ、27$でパンとコーヒーなら、コンビニに行った方が良い朝ご飯になるような気がしますよね。

外の風景

ちなみに、このイビス香港ノースポイントホテルは、目の前がバスターミナルとなっており、さらにその奥はフェリーターミナルとなっています。このバスターミナルからは、香港島中心にあちこちに行けるようですね。地元の人には便利なターミナルなのではないでしょうか。

中の風景

今回は朝の9時くらいに朝食をいただいていますが、中は結構混み合っていますね。ただ、この方向だけはたまたま空いていたので、写真を撮ってみたいと思います。椅子や机の雰囲気はこんな感じで、カジュアルなものとなっています。値段帯に合った感じの内装ですよね。

おかゆ

では、実際に私がいただいたものを紹介して行きたいと思います。まずは定番のおかゆですね。ネギとピーナッツのトッピングを乗せていただきますが、もう少し高い価格帯のホテルで見られるような豊富なトッピングはありませんでした。お粥好きとしては、これはちょっと不満な点ですが、仕方ないと言えば仕方ないのかもしれませんね。

メインのおかず

ここの朝食バイキングは品数が少なめなので、メインのおかずはコレでほぼ全部になります。焼きそばにチーズが2種類、生野菜にスクランブルエッグにベーコンとウインナーとポテトですね。特筆して美味しいという事はありませんでしたけど、個人的にはチーズがお気に入りでした。お粥じゃなくて、このチーズ+パンの組み合わせの方がオススメかもしれませんね。

コーヒー

食後にはコーヒーをいただきます。香港の人はあまりブラックでコーヒーを飲まないそうなんですけど、私は砂糖を気にするので、ブラックでいただく事にしましょうか☆

ヨーグルト

デザートとして、一緒にヨーグルトをいただく事にします。このヨーグルトは、パイナップルとメロンを細かく刻んだものが入っており、私の好みの味でしたね。まあ、2個もいただく訳にはいかないですけど、2個食べてもよかったと思うくらいの味だったと思います。


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ