ANA176便 香港国際空港〜関西国際空港(ビジネスクラス)香港発なのに、関空発のマンゴープリンに負けてるよ! - とある航空旅行のインデックス

ANA176便 香港国際空港〜関西国際空港(ビジネスクラス)香港発なのに、関空発のマンゴープリンに負けてるよ!

2012年9月も始まった所ですが、早速香港国際空港から関西国際空港までのANA176便のビジネスクラスに搭乗しました。今回は、9月の香港国際空港発のビジネスクラスの洋食の機内食をご紹介したいと思います。香港国際空港〜関西国際空港の機内食は当然香港で作っている訳なんですね。

私が日本人だからというのもあるでしょうけど、和食を食べても洋食を食べてもどちらも関西国際空港発のメニューの方が美味しいんですよね。香港のレストランではどこでも美味しい食事をいただけるんですけど、ここの機内食がそれに比べるとややイマイチなのは、私の好みの問題なんでしょうかね?

9月の洋食機内食

マンゴープリン。関西国際空港発の方が美味しかったような!?

機内食全体

さて、香港国際空港から関西国際空港行きの9月の洋食の機内食はこのようになります。ANAのビジネスクラスの近距離機内食は1プレートで、大食いではない私にはちょうど良いくらいの量でしょうか。逆に、ちょっと大食いの方にはもしかすると物足りない部分があるかもしれません。男性の皆さんはどうなんでしょうね?若い男性はビジネスクラスにあまり乗ってないような気がするから気にしなくてもいいのかな・・。

前菜

ということでまずは前菜からスタートする事になります。前菜、どれも味は悪くないのですが、この旅行の行きで乗った関西国際空港発の洋食の前菜よりは繊細さに欠けるかな〜という感想です。関空発と比較しなければ、十分に美味しい前菜だとは思うんですけどね。

メイン

こちらはメインの豚フィレ肉の香草パン粉焼きになります。今回もビジネスクラスにありがちなステーキドーンではなかったのですが、個人的にはこのフィレ肉は良かったと思います。フィレ肉だけあって、脂身がほとんど0という奇跡の部位となっており、人によっては肉らしさが足らないという感想を持つ方もいらっしゃるでしょうけど、私には超ストライクゾーンのお肉でした。

パンとデザート

こちらは、パンとデザートになります。パンは非常に美味しく、上記の豚フィレ肉が美味しかったので久しぶりにお代わりをいただいてしまいました。デザートの方は、なんと関西国際空港発と丸かぶりのマンゴープリンなんですけど、マンゴープリンは香港のデザートであるはずなのに、関西国際空港発の方が美味しかったように思います。まあ、私が日本人だし、関空発のデザートは日本人向けの味付けということになっているからかもしれませんけどね。

コーヒー

ということで、最後にコーヒーをいただいて今回の機内食は終了になります。いつの間にやらマイルも38万マイル貯まっており、かねてから企画していた大阪→タイ→シンガポール→オーストラリア→ニュージーランド→大阪の飛行機乗りまくり旅行を特典航空券で取りたいと思っているのですが、今年はANAのダイヤモンド会員に届くかというギリギリの所でして、なかなか特典航空券で旅行に行くヒマはないですね。

まあ、ANAのダイヤモンド会員になれば、マイルの有効期限は1年伸びる訳ですし、必ずしも急いで環太平洋周遊の旅の予約を入れなくても良いのかもしれませんね。

ANA176便 香港国際空港〜関西国際空港(ビジネスクラス)

今回の搭乗マイル(各種ボーナス込み):3,331マイル
今回のプレミアムポイント:1,625ポイント
備考:今回の搭乗は香港発券のエコノミークラスのチケットをアップグレードポイントを使ってアップグレードしています。そのため、マイレージとプレミアムポイントはエコノミークラス基準で付与されています。


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ