L特急すずらん号 苫小牧駅=札幌駅(自由席)駅のホームから見える、鳩山由紀夫さん事務所が分かりやすいわ☆ - とある航空旅行のインデックス

L特急すずらん号 苫小牧駅=札幌駅(自由席)駅のホームから見える、鳩山由紀夫さん事務所が分かりやすいわ☆

苫小牧駅から自転車に乗って、超有名店のマルトマ食堂さんでホッキ三昧の食事を食べました。その後で、苫小牧駅まで戻って来て、札幌駅まで電車で移動することにしたいと思います。苫小牧駅は札幌駅からの普通電車の終点になっている事の多い駅で、普通電車でも80分台で札幌駅まで行けるのですが、ここはやはり特急電車に乗りたい所です。

幸いにも、今回は室蘭駅発の電車である、L特急すずらん号札幌行きがすぐにやってくるようでしたので、この電車で札幌駅まで向かうことにしました。普通電車だと90分近くかかってしまう道中も特急ならわずか48分。座席も楽々とあれば、是非とも使いたい所ですよね。

鳩山由紀夫さんの事務所は分かりや過ぎてあるいみビックリ!?

札幌行きの切符

さて、苫小牧駅で札幌駅までの切符を購入しました。私はいつもクレジットカードで切符を購入するため、みどりの窓口で購入しているのですが、苫小牧駅にはみどりの窓口の窓口が1つしかありませんでした。近隣では大きい駅とはいえ、1日3,600人程度の利用客数ならコレで十分かもしれませんけどね。ちなみに、切符は普通運賃が1,410円に、自由席特急代金が1,100円の合計2,510円でした。

鳩山由紀夫事務所

さて、電車に乗るために苫小牧駅のホームに降りてきた訳ですけれども、ホームから奥の方になんともな外観の建物がありますよね。アップで見てみた所、なんと元首相の鳩山由紀夫さんの事務所のようでした。確かに、鳩山由紀夫さんの選挙区は北海道だとは聞いていましたけれども、ここ苫小牧市や室蘭市を含んでいる北海道9区が選挙区だったんですね。ちなみに、対抗馬と目される元スケート選手の堀井学さんのポスターもいくつか見かけましたね。

すずらん入線

さて、そうこうしているうちに特急札幌行きのすずらん号が入線してきました。室蘭始発の電車ということで、ここまで多くの停車駅を経て来ている訳なんですけれども、ここから座ることは出来ますでしょうか? それだけが心配事ですよね。

札幌行きの表示

ちょっと分かりにくい写真になってしまいましたが、札幌行きの表示を撮影しています。車両のガラスに別の電車が映っていますけれども、このワンマンの普通電車からこの特急すずらん号に乗り換えるお客さんも多くいましたね。JR北海道は電車本数が少ない割には、乗り継ぎが意外にキッチリとしているのが素晴らしい所だと思います。

結構混んでいます

午後2時台・週末の札幌行きの電車の混み具合が非常に気になったのですが、さすがに座れないというほどではなかったようです。それでも、乗車率は8割と言った所でしょうね。確実に座りたいというのであれば、ここは指定席を指定しておくのが良いかもしれませんね。

途中はのどかな風景

さて、道中札幌駅までの48分は、特に真ん中の千歳駅あたりまでは長閑な風景が広がっています。途中からは札幌のベッドタウンのようになりますが、それも駅の周辺だけで、本格的に都会になってくるのは、新札幌駅あたりからですね。札幌市自体はかなりの大都市なのですが、面積も広い訳ですからね。この風景、夏も美しいですけれども、冬は冬でまた違った楽しみがあります。夏にも冬にも乗車してほしい区間ですね。

自由席はこんな椅子でした

今回乗車したすずらん号の椅子ですが、電車が混み合っていましたので、札幌駅についてほとんどのお客さんが下車してから撮影しました。一般的な特急の車両と言った感じで、これくらいの車両だと2〜3時間くらいの旅であっても楽々移動する事が出来そうですよね。今まで室蘭には行った事がありませんけれども、いずれこのすずらん号で室蘭にも遊びに行ってみたいと思っています☆

この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ