JAL羽田空港国際線サクララウンジの食べ放題ブッフェ(昼食タイム)夕食よりは品数が少ないけど、美味しい点心に満足!? - とある航空旅行のインデックス

JAL羽田空港国際線サクララウンジの食べ放題ブッフェ(昼食タイム)夕食よりは品数が少ないけど、美味しい点心に満足!?

JAL羽田空港国際線サクララウンジの食べ放題ブッフェのレポートを行いたいと思います。今回は、夕方のJAL39便台北松山空港行きの飛行機に乗るのですが、夕方5時台くらいまでは昼間タイムのメニューとなっているのか、一部サクララウンジファンには人気のカレーなどは置いてありません。まあ、それでもANAの羽田空港国際線ラウンジは、昼間と夜の差が激しすぎる事を思うと、JALは良心的ではないかな?と思いました。

日本航空のラウンジですが、中華の点心が意外にお気に入りです。

羽田空港国際線サクララウンジ入り口

さて、羽田空港が再国際化してある程度の月日が流れましたが、今は早朝と深夜が国際線の中心時間帯となり、昼間の国際線はソウルや台北・香港といった近距離中心となっています。そのため、昼間の羽田空港国際線サクララウンジは設備が整っている割にはお客さんの数が極端に少なく、非常に快適な時間を過ごすことができるのです。私もわざわざ仕事を残しておいて、ココでやるケースもありますよ☆

豚肉煮込み

今回もブッフェのメニューはいつもと変わらない感じなので、2つだけご紹介することにしたいと思います。こちらは豚肉の煮込み料理ですね。写真だけ見ると、何とも美味しくなさそうに撮影されてしまいましたけれども、実際の所そんなことはありません。まあ、コレを食べるならお気に入りの点心の方が良かったかな〜というのは正直な感想ですけどね。

うどん

そして、今回はじゅんさいうどんがありましたので、こちらもいただく事にします。ANAのラウンジはお蕎麦で有名なので、こちらは饂飩で対抗ということなのでしょうか。まあ、それは考え過ぎだとは思うんですけどね。

こんな感じでいただきました

それに定番の野菜ジュースに、めちゃくちゃ美味しい点心にサラダを少しいただく事にしました。この後、2時間後くらいにビジネスクラスの機内食を頂く事を思うと、これくらい食べるのが限界ですね。まあ、この場所が快適な環境な事を思うと、もうちょっと早い便で羽田空港に来ても良かったかもしれませんね。

コーヒーメーカー

お食事をいただきましたので、仕事をするために座席を移動しますが、おやつと一緒にコーヒーをいただきたいと思います。コーヒーメーカーはUCC製のものなのかな?普段、気になったらコーヒーメーカーは検索しているんですが、今回はズバリこの機種というのは見つけることができませんでした。

ジュールスデストルーパー

そして、羽田空港のサクララウンジに来たら是非とも食べてほしいのが、ベルギー王室御用達のクッキーであるジュールスデストルーパーです。正直取り過ぎやろ!とツッコマレそうなんですけど、通販で買うと量が多くなってしまいますし、食べるのは羽田空港のサクララウンジに来るときくらいでいいかな〜と思っているのです。そうすると、食べるチャンスが年に5〜6回なので、どうしても多めに取ってしまうんですよね。

ちょっと暗くなっちゃったか

その後はサクララウンジの素晴らしい机で、仕事を進めたいと思いますが、その肝心の机と椅子は撮影するのを忘れてしまっていたようなので、次の機会に撮影する事にしたいと思います。人が少ないうちに、ラウンジの様子でも撮影するかな〜と思ったんですけど、この写真だとあまりラウンジの様子が分かりませんでしたね。iPhone撮影によくある逆iPhoneマジックということでしょうか。


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ