アシアナ航空の新路線、那覇空港ー韓国釜山の路線を新規で就航します☆ - とある航空旅行のインデックス

アシアナ航空の新路線、那覇空港ー韓国釜山の路線を新規で就航します☆

2012年10月5日の琉球新報に、アシアナ航空、新規に那覇―釜山というニュースが掲載されていましたのでご紹介する事にしたいと思います。

那覇―ソウル線を運航するアシアナ航空は、11月17日から新たに那覇―釜山線の定期便を就航する。2013年3月30日まで週2往復4便で運航。沖縄観光の需要が冬場に増加することを受け、同時期にソウル路線も週7往復から9往復へ増便する。(引用元:2012年10月5日の琉球新報)

アシアナ航空はANAと同じ「スターアライアンス」というグループに属していまして、マイルの利用が共通化されています。私の住む関西からですとANAの国際線は中国・韓国・香港を除いて飛んでおらず、他の場所にANAで行こうとすれば東京での乗り換えを強いられる訳なんですけれども、アシアナ航空だと西側に行く時でも韓国・ソウルで乗り換えする事が出来、逆方向にさかのぼらずに済む訳なんですよね。

しかも、あくまで体感的な話ではあるのですが、アシアナ航空の特典航空券はANAの特典航空券よりも取りやすい気がします。そして、韓国系の航空会社はサービスも抜群ですし、特にヨーロッパに行く時はいつもお世話になっても良いのではないかな?と思うほどです。過去にパリーソウルの路線に搭乗した時の旅行記もありますので、興味のある方はご覧くださいね。

寒い韓国、やっぱり冬は沖縄への需要が高まるんだそうです。

さて、本題に戻りまして今回は沖縄ー韓国路線の増便の話題となりました。元々、アシアナ航空は那覇ーソウルの路線を就航しておりまして、最近は沖縄で韓国人の方を見かける事が多くなったように思います。韓国には済州島というリゾートはありますけれども、さすがに位置的に冬は寒いためか、冬にビーチを楽しみたいのであれば、手頃に行けるのは沖縄やグアムという事になりますでしょうか。

そう言う事もあって、11月17日以降の冬ダイヤで那覇ーソウルの路線を週7便から週9便に増便するだけではなく、冬期の限定便として南部の釜山から那覇への路線も週2便新規で運行することになりました。まずは期間限定便での運行開始となりますが、週3便への増便や、定期運行化も目指して行きたいと言う事です。

この新規路線は沖縄の韓国好きの方にも朗報でありまして、コレでソウルin→釜山outや、釜山in→ソウルoutという日程が組める事で、韓国の周遊が効率的に行えるようになるんですよね。実際、こういった形で韓国を縦断するツアーが今後沖縄県内で発売される事になるのではないかと思います。大韓航空系のLCCが宮古や石垣へ・・というニュースもあるようですし、今後の韓国系2社の動向には注目していきたい所ですね。

この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ