マレーシア航空、約1年前に運休した関西国際空港ーコタキナバル線を運行再開☆ - とある航空旅行のインデックス

マレーシア航空、約1年前に運休した関西国際空港ーコタキナバル線を運行再開☆

関西国際空港からマレーシアへの直行便は2社就航しておりまして、最近話題のLCCであるエアアジアとマレーシアのフラッグキャリアであるマレーシア航空の2社になります。破綻前はJALも就航しており、競争が激しい路線だったのですが、JALの撤退後はLCCが良い人はエアアジア、フルサービスが良い人はマレーシア航空と顧客の棲み分けがすすんでいますね。

このマレーシア航空の関西国際空港の路線は、首都のクアラルンプールだけではなくリゾート地として有名なボルネオ島のコタキナバルにも長く就航していたのですが、残念ながら2012年の1月6日から運休となっていました。こういう運休はそのまま続いてフェードアウトという事が珍しくないと思うのですが、なんと運休から僅か1年弱の2012年12月20日から運行再開される事となりましたので、ご報告したいと思います。

マレーシア航空コタキナバル再開

新しい関西国際空港ーコタキナバルのダイヤはこうなっています。

MH55便 関西国際空港→コタキナバル:15:05→19:45(月・木運行)
MH54便 コタキナバル→関西国際空港:8:15→14:05(月・木運行)

コタキナバル線の運行再開は週2便からとなります。木曜日の関西国際空港発の便に乗って現地で4泊し、月曜日の関西国際空港行きで帰ってくるというのが黄金パターンになりそうですが、色々見所のあるコタキナバルですので、時間のある方はゆっくり1週間楽しみたい所ですよね。

このマレーシア航空は、まもなくJALと同じグループの「ワンワールド・アライアンス」に加盟する見込みとなっています。そのため、今までマイレージが貯まりにくいという理由でマレーシア航空を避けていた方にとっても使いやすい航空会社になるのではないかと思います。

マレーシア航空は、時々めちゃくちゃ安いビジネスクラスが発売される事も特徴でありまして、10月19日まではロサンゼルス行きのビジネスクラスが16万円+燃油サーチャージ+諸税で発売されているようですね。まだワンワールドの加盟がなされていないので、遠くに行ってもJALのマイルが貯まらないのは難ですけれども、それを差し引いても結構安い運賃なのではないでしょうか?


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ