JAL羽田空港 国内線ターミナル〜国際線ターミナル間無料連絡バス「JALスカイシャトル」。お客さんが0でも20分置きに出発☆ - とある航空旅行のインデックス

JAL羽田空港 国内線ターミナル〜国際線ターミナル間無料連絡バス「JALスカイシャトル」。お客さんが0でも20分置きに出発☆

今回は、JALが羽田空港で提供する無料のサービスである、国内線ターミナル〜国際線ターミナル間乗り継ぎ無料連絡シャトルバス「JALスカイシャトル」のサービスについてご紹介したいと思います。このJALスカイシャトルは便利なサービスかな〜と個人的には思うのですが、特に昼間の時間帯は国際線が近距離しかない関係で、わざわざ羽田で乗り継いでまでソウルや台北に行くという人は少ないのか、いつもガラガラのような気がします。

そんなガラガラの時間帯であっても、お客さんの利便性を考えて、20分に1本は走らせてくれているのですが、過去2回連続で私の乗った便は私ひとりだけの出発となりました。まあ、今回なんて沖縄〜羽田〜台北なんてめちゃくちゃな乗り継ぎなので、こんな乗り継ぎをする人はマイル集めが趣味の人以外にはいないやろ〜と正直な所思うんですけどね。

最初に国内線を乗る空港でバスのチケットを受け取るのを忘れずに。

JAL国際線乗り継ぎバスのチケット

話は飛びまして、那覇空港のサクララウンジで撮った写真になります。今回は那覇〜羽田〜台北と乗り継ぎを行っているのは前述の通りなんですが、羽田空港の国内線ターミナルに着いた後、国際線ターミナルに乗り継ぐためのバスに乗るためのチケットは最初の国内線の空港でいただく事になります。マイナーな空港から乗り継ぐと係員さんが忘れることがあるかもしれないので、覚えておきたいですね。

国際線乗り継ぎバスの案内

さて、那覇空港から羽田空港に到着しまして、国際線乗り継ぎバスの乗り場である91番搭乗口に向かいたいと思います。実際、那覇空港から羽田空港の便は出口に近い所に停まる事が多いのですが、残念ながら国際線乗り継ぎバスは出口から遠い所から出発しているため、そういう便利な便で羽田に来た人に限ってたくさん歩かなければなりません・

国際線乗り継ぎバスの時刻表

こちらが、JALスカイシャトルの時刻表になります。夜になると国際線サクララウンジも激混みで座る場所を探すのに苦労するほどのお客さんになるので、このバスも混み合ってくるのでしょうが、昼間は前述の通りあまり乗り継ぎをする人がいないので、ガラガラであることが多いと思います。そんな時間でも20分に1本出してくれているのはウレシイですね。

JAL国際線ターミナル行きバス

ちょうどタイミングが悪く10分以上待ってしまいましたが、無料のWifiを使って時間つぶしをしていました。で、10分ちょっと待つと、国際線ターミナル行きのバスがやってまいります。この後、羽田空港ターミナル内のもう一つの停留所に停車して、国際線ターミナルまでは15分ちょっとかかります。安全のためかゆっくり走るので、意外に時間がかかるものなんですよね。

ANAのボーイング787

途中には、ANAのボーイング787が駐機しているのが見えました。関西にはほとんどボーイング787が来ないので、未だに乗った事がないんですが、調べてみると既に10機以上ANAに納入されているそうですね。いずれANAの機材がボーイング787だらけになれば、関西国際空港からの国際線直行便が増えると期待しているのですが、そういう時はやってくるのでしょうかね!?

この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ