デルタ航空・DL284便 関西国際空港〜グアム(ビジネスクラス)アメリカ系らしい多過ぎる機内食。なんと前菜とメインが同じメニュー!? - とある航空旅行のインデックス

デルタ航空・DL284便 関西国際空港〜グアム(ビジネスクラス)アメリカ系らしい多過ぎる機内食。なんと前菜とメインが同じメニュー!?

今回はデルタ航空のDL284便、関西国際空港からグアム国際空港までのデルタ航空のビジネスクラスの機内食をご紹介したいと思います。このブログではANAの国際線近距離のビジネスクラスの食事をご紹介する頻度が高いのですが、ANAはさすが日本の会社だけあって、その機内食の量も控えめなんですよね。

今回搭乗したデルタ航空は、言うまでもなくアメリカの会社であり、関西国際空港=グアムという近距離の国際線であっても、アメリカの航空会社らしいガッツリとした機内食をいただく事ができます。個人的には、ANAの繊細な機内食の方が好みなのですが、人によってはこういうガッツリした機内食もあっているのでは!?では、その機内食をご覧ください。

今回のメインは牛肉のプルコギを選択しています。

DL284便機内食

デルタ航空の近距離の国際線機内食は、和食・洋食という区分ではなく、基本的には共通メニューでメインだけ2種類のメイン料理から選択することになります。今回の選択は、「牛肉のプルコギと若鶏のロースト」だったのですが、前菜がなんと鶏のサラダだったので、牛肉のプルコギを選択することにしました。

牛肉のプルコギ

こちらがメインの牛肉のプルコギになります。基本的には韓国料理という扱いだと思うのですが、洋風に対する洋風ではないメニューという位置づけなのでしょうか。搭乗する時期によっては、もっと和風のメニューに巡り会えるタイミングもあるのかもしれませんね。あくまで機内食なので、めちゃくちゃ美味しいということはありませんでしたが、機内食のプルコギとしては十分な美味しさだったと思います。

前菜

こちらが前菜の若鶏のグリル・マンゴーサルサとパプリカのマリネになります。メインは若鶏のローストでこちらは若鶏のグリルと、メインで鶏肉を選んだとしても同じ料理ではないのですが、もうちょっと工夫が欲しい所ですよね。しかしながら、こちらの料理はマンゴーソースが意外に鶏肉にあっており、この中では一番美味しかったのではないかと思います。

サラダ

こちらはミックスグリーンサラダになります。ドレッシングが2種類からの選択で和風ドレッシングか、神戸のサウザンドドレッシングかの選択でした。私は神戸の人なので、神戸のドレッシングを選択する事にします。神戸のドレッシングを積んでいる所が、さすが関西国際空港発着の路線と言った所ですね。

ガーリンクトースト

今回のビジネスクラスの担当のCAさんは2名とも男性の方、結構イケメンだったのですが、日本の航空会社ではあまりない風景ですよね。さて、今回のパンは複数種類からの選択だったのですが、パッと見で一番美味しそうに見えたガーリックトーストをいただく事にしました。ガーリックトースト、当然1枚だけいただけるものかと思ったのですが、なんと2枚まとめていただいてしまったのです。他の方も皆2枚ずつもらっているようですので、これがデルタ航空の標準ということなんでしょうね。

マンゴームース

こちらがデザートのマンゴームースになります。こちらのムースは日本人の作るマンゴームースという感じで非常に美味しいメニューでした。2ヶ月前にANAの関西国際空港発の便で食べたマンゴープリンと同じ味のように思えたのですが、おそらくは同じ会社が作っている機内食なので、同じ味に思えるのも不自然なことではないんでしょうね。

コーヒー

ということで、食後にはコーヒーをいただきたいと思います。関西国際空港=グアムは3時間半かかる路線なので、食事が終わっても意外に時間は残っているんですよね。私はコレくらいの搭乗時間の路線の時は、いつも新聞と雑誌を読むようにしていますが、皆さんはどのように過ごされますか!?


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ