スカイマーク、新割引運賃の導入で全路線にて10,000円で購入できる運賃「フリー10・7・3・1」が大幅に増加します☆ - とある航空旅行のインデックス

スカイマーク、新割引運賃の導入で全路線にて10,000円で購入できる運賃「フリー10・7・3・1」が大幅に増加します☆

ピーチ航空・ジェットスター航空・エアアジアと違ってそれほどニュースで取り上げられるような事がないように思えるスカイマーク。正直、LCCの3社よりはサービスは良いと思いますし、運賃もそれほど変わらないめちゃくちゃ良心的な会社だとは思うのですが、スカイマークはどうもマスコミに嫌われる傾向があるようですね。

以前、このブログで記事にしましたとおり、2012年の4月期〜6月期では利益がほぼトントンになってしまうなど苦戦が続いていたスカイマークですけれども、7〜9月期は減収ながらしっかりと利益が出せているようです。それでも、今までよりは苦戦している感が否めないので、それに対応しようとして運賃が色々と迷走している感がありますよね。

そんなスカイマークから出たプレスリリースを紹介したいと思いますが、それは来年2013年の1月8日から2月28日までの搭乗分におきまして、割引運賃の「フリー10・7・3・1」において、10,000円で予約できる運賃を大幅に増やすという事でした。普通運賃が10,000円という訳ではないので注意が必要ですよね。

スカイマーク10,000円の報道

そもそも10,000円以下の運賃はどうなってしまうのかしら?

そもそもスカイマークの運賃は元々安く、現在でも28日までに購入をする事が必要なウェブバーゲンでは長距離路線であっても5,800円や7,800円という運賃が普通に設定されていますよね。そう思うと、今回の10,000円ってそれより高いのでは?とお思いになる方がいらっしゃるのではないかと思います。

しかしながら、ウェブバーゲンでは28日前までに予約を確定させる必要がある訳ですし、さらに予約変更もできず、取消手数料も4,000円かかってしまう訳なんですよね。その一方で、フリー運賃は予約変更も一部制約はあるものの基本的には自由にできますし、取消手数料もなんと0円という驚きの運賃なのです。

ということで、普段から休みを比較的自由に決められる方はLCCでも良いのかもしれませんが、比較的忙しいという方は、このスカイマークの新運賃を使って、10,000円で国内旅行をした方が良い場合が多くなってくるということなんですよね。特に羽田発着の長距離路線が10,000円というのはかなり魅力的なのではないかと思います。今後の詳細発表に注目したい所ですね。


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ