デルタ航空で関西国際空港=グアムを1往復しただけなのに、もう67,000マイルも貯まっています。その秘密は!? - とある航空旅行のインデックス

デルタ航空で関西国際空港=グアムを1往復しただけなのに、もう67,000マイルも貯まっています。その秘密は!?

最近は、LCCの台頭で必ずしも航空旅行=マイレージという訳でもなくなってしまったと思うのですが、それでもマイレージが貯まって、それでタダで旅行に行けるのであればそれに勝る喜びはないですよね。特にビジネスクラスは普通に航空券を買うとかなり高くついてしまうため、出来るだけマイレージ特典で搭乗したいものなのです。

さて、私はANA・JAL・デルタ航空の3社でマイルを貯めています。実はこの3社は世界の3大航空アライアンスの、スターアライアンス・ワンワールド・スカイチームに対応している訳なんですよね。普段は、日本人なのでANAやJALに乗る事の多い私ですが、台湾でチャイナエアライン、グアムとハワイでデルタ航空を利用する事があるので、デルタ航空のマイレージも貯めている訳なのです。

しかしながら、デルタ航空のマイレージカードを作ったのは2012年の5月の事でありまして、実はまだ2012年の10月にグアム往復で1回搭乗しただけなんですよね。そんな私なのですが、デルタ航空のウェブサイトにアクセスしてみますと・・・

デルタアメックス

なんと、既に67,724マイルも貯まっているのです。別にインチキをした訳ではなく、普通に貯めてこの結果。コレだけマイルが貯まっていると、台湾に1回・ハワイに1回エコノミークラスで旅行に行けるだけのマイルなんですよね。どうして、こんなにマイルが貯まってしまったのか、記事の後半で解説して行きたいと思います。

デルタ航空のアメックスゴールドカードのボーナスマイルはスゴいですね。

アメリカン・エキスプレス

デルタ航空・大韓航空・チャイナエアライン・KLMオランダ航空・エールフランスと言ったスカイチーム所属の航空会社を利用する頻度が高い方にオススメしたいのが、デルタ航空提携のアメックスゴールドカードになります。このデルタ航空提携のアメックスゴールドカードを持っていると、ゴールドメダリオンという資格が付与されるのですが、この資格の威力がスゴいんですよね。

スカイチーム提携各社に搭乗する時に、エコノミークラスやツアーでの利用であっても、ビジネスクラスのチェックインカウンターが使えるので並ばなくて済みますし、ツアーであっても空港ラウンジの利用が可能となって、待ち時間も楽々です。さらに、手荷物は優先引き渡しになりますので、驚くほど早く手荷物を受け取ることができます。他にも色々特典があるのですが、それが気になる方は上の画像からご覧くださいね。

色々なボーナスマイルキャンペーンを積み重ねた結果でした。

今回の67,724マイルですが、デルタ航空提携のアメックスゴールドカードを新規で作った事によるキャンペーンマイルを積み重ねた結果でした。そのキャンペーンをココで整理しておきますと、

■ご入会ボーナスマイル:8,000マイル
■初回搭乗ボーナスマイル:25,000マイル(ビジネスクラス搭乗の場合)
※初回搭乗マイルはエコノミークラスの場合10,000マイルになります。
■デルタ航空のチケットを購入時に利用してマイルが100円3マイルに
■ANA・JALなどの国内線のチケットをデルタ航空に提出して1枚500マイル(ニッポン500マイルキャンペーン

と、基本的にはこの4つの特典を組み合わせて一気に67,000マイルまで積み上げました。日頃国内線に乗らないという方は、ニッポン500マイルキャンペーンが加算されないので、2回の搭乗だけで6万台にマイルを乗せるのは難しいと思いますが、それでも4万マイル台には達しますので、ホノルル行きのチケット1回分にはなりますね。もし、デルタ航空のマイルに興味があると言う方は、是非ともデルタ航空のアメックスゴールドカードのページをご覧いただければと思います。


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ