台湾桃園国際空港 ザ・モア・プレミアムラウンジ(桃園空港第1ターミナル)- 人気の食べ放題のメニューをご紹介します。 - とある航空旅行のインデックス

台湾桃園国際空港 ザ・モア・プレミアムラウンジ(桃園空港第1ターミナル)- 人気の食べ放題のメニューをご紹介します。

今回は、台湾は台北旅行に行く時に利用する空港のうち、羽田空港以外から台湾に行く人が利用する空港である桃園国際空港の空港ラウンジをご紹介します。今回ご紹介するザ・モア・プレミアムラウンジは、人気のクレジットカードである楽天プレミアムカードに付属している、プライオリティパスが利用可能なラウンジなので、空港ラウンジの中では比較的敷居が低いラウンジという事になりますね。

今回は、そのザ・モア・プレミアムラウンジの施設の中でも、読者の皆さんが一番気になるであろう食べ放題のメニューについてご紹介したいと思います。台湾名物のヌードルバーもありますけれども、果たしてそのメニューはどのようになっているのでしょうか?では、ご覧いただければと思います。

桃園国際空港だけじゃなく、海外600カ所の空港で使えるのは・・?

国内旅行だけではなく、海外旅行も良く行くわよ☆ という方には台北桃園国際空港ザ・モア・ビジネスセンター&プレミアムラウンジも利用OKな楽天プレミアムカードがオススメです。このカード、国内の主要22空港のラウンジが使えるだけではなく、世界600の空港のラウンジで使えるサービスが付帯されているのです。

そんなクレジットカードなのに年会費はたったの10,500円なのです。この世界のラウンジ利用のサービスはプライオリティパスというんですけど、本当は年399$もするサービスなんですよね。それがたったの10,500円で手に入るなんてお得すぎじゃないですか☆ つまり、実質初年度はタダで楽天プレミアムカードが持てるってことね。

この楽天プレミアムカード。プライオリティパスが魅力の一つではあるのですが、個人的にオススメしたいのは、空港からの手荷物宅配サービスなんですよね。実際、海外旅行から成田空港・羽田空港・関西国際空港まで帰って来ても、そこから家まで空港バスに乗って、さらに電車に乗って・・なんて人だと疲れているのに荷物が負担になってしまいますよね。その荷物がタダで空港から家まで送れるというのは便利ではないですか?

楽天プレミアムカードなら『プライオリティパス』に【無料】で登録!!

がーん、ヌードルバーはずっとオープンしている訳ではないようです。

カステラとお水

では、食べ放題のメニューを一つずつ見ていきたいと思います。まずは、カステラとお水ですね。下側にあるお水は日本の感覚だとちょっと珍しいタイプのお水のように見えますが、台湾では良く見かけるタイプですね。台北=高雄間の長距離バスでもこのタイプのお水をいただいた事があります。

アイスクリーム

そして、明治のアイスクリームがおいてありました。普段、好きなだけアイスクリームを食べる機会がなかなかない私なので、このサービスは嬉しかったですね。今回は、この中から2種類のアイスクリームをいただいています。

関東煮

こちらは、日本のおでん風の食べ物ですが、その名もズバリ関東煮なんだそうです。関西地域以外の方には馴染みがないかもしれませんが、関西地域でもおでんの事は関東煮と呼ぶんですよね。台湾でも関東煮と呼ぶのが普通のようですが、ルーツはおそらくは同じ所から来ているんでしょうね。ココ台湾のおでんは、具材が日本のおでんとちょっと違っていることと、チリソースをかけていただく事の2点が特色となっています。

おまんじゅう

こちらは、今回は頂く事はありませんでしたが、台湾らしい包子(まんじゅう)ですね。定番のアンコに肉まんがあるかと思いきや、上から2段目はカスタードだったようです。今回はお腹いっぱいで食べられなかったんですけれども、カスタード饅頭は今になって思うと気になる食べ物でしたね。次回は食べてみる事にしたいと思います。

カップラーメン

ここ台湾でも人気のカップラーメン。香港のラウンジでは、日本の日清のカップラーメンがおいてあったと思いますが、ここ台湾のラウンジでは、地元の企業のカップラーメンがおいてあるようですね。ちょっとサイズが大きいので、機内食を頂く前にこれを食べるのは辛いかもしれませんね。

ヌードルバー

さて、こちらが今回のラウンジ訪問で一番楽しみにしていたヌードルバーですが、なんと営業時間外だったのです。24時間営業しているのかと思いきや、朝(6:30〜9:30)・昼(11:30〜2:20)・夜(5:30〜8:30)の時間にしか営業していなかったのが残念でなりません。1日9時間営業しているので、営業時間内にラウンジに居る可能性の方が高いと思うのですが、今回は運が悪かったですね。

缶や紙パック

ジュース類は基本的には、このように缶や紙パックの形での提供となっています。大陸からの観光客も多いここ桃園国際空港なので、こんなに持って帰りやすい形にしていると持って帰られてしまいそうな気もするのですが、台湾の人は多少の事は気にしないのかもしれませんね。もしくは、大陸の方でもラウンジを使うくらいの人は分別がある方が多いのかな!?

ソーダ類

上の写真での缶や紙パックでのドリンク提供以外にも、ソーダ類は別途準備されていました。日本では全然飲まないのに、海外では時々飲んでしまうコカ・コーラ製品。安定した味だと分かってるからなんでしょうけどね。

ルーローファン

そして、最後にご紹介するのが何かと申しますと、コレは台湾の名物である煮込み豚肉かけご飯である魯肉飯(ルーローファン)ですね。台湾ではそこら中で見かける屋台食でありまして、今この記事を書いているだけでもお腹が空いて来てしまうほどです。このラウンジにいらっしゃったら、是非ともこの魯肉飯(ルーローファン)を食べて帰っていただきたいですね☆


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ