特急北斗11号(指定席) 洞爺駅=南千歳駅 オンボロ汽車のキハ183系ですが、リニューアルした座席は意外にキレイ!? - とある航空旅行のインデックス

特急北斗11号(指定席) 洞爺駅=南千歳駅 オンボロ汽車のキハ183系ですが、リニューアルした座席は意外にキレイ!?

今回は札幌駅=函館駅を結ぶ特急列車である北斗11号のうち、JR洞爺駅からJR南千歳駅までの区間を乗車することになりました。札幌駅=函館駅を結ぶ列車のうち、スーパー北斗については、新型車両が使われておりましてJR北海道の特急ってスゲー☆ と思ってしまう電車なのですが、北斗号については昔ながらのキハ183系が使われています。

この車両は、オンボロと一言で片付けてしまう事も可能ではあるのですが、私はオンボロではなく味があると言いたい所ですよね。では、実際に乗車した時のレポートをご覧頂ければと思います。

スーパー北斗と同じ値段なのは少し損した気分!?

切符

さて、今回は乗車券は洞爺駅から新千歳空港駅、特急券は洞爺駅から南千歳駅まで購入しています。北斗号とスーパー北斗号で特急料金は変わりありませんので、どうせならスーパー北斗に乗りたい所なのですが、まあ、時間を合わせるのも面倒ですし、ホテルのチェックアウトの時間からの接続を重視したのでありました。

貨物列車

JR北海道の特色としては、列車が出発する8分くらい前まで改札が行われないという事なんですよね。既に寒い10月の乗車だったので、それまではゆっくりと暖かい駅構内でお待ちくださいということなんでしょうが、写真好きの人にとっては少し辛いかもしれませんね。さて、北斗号出発の8分前となりまして、ホームに到着しましたが、北斗号の前に貨物列車が通過して行きました。珍しいので、撮影しておきたいと思います。

北斗号

貨物列車とほぼ同じくして、続いて北斗号が入線してきました。さすがに動いている車両を撮影するのは難しいですね。全面はキハ183系らしい味のある感じではないかと私は思います。

北斗号札幌行き

さて、今回乗車するのは5両編成のうちの2号車でありました。この洞爺駅は函館方面からのお客さんが多く降りる駅のようですね。今回は、乗車するお客さんよりも下車するお客さんが3倍くらいいらっしゃったように思います。

外見はオンボロだけと、リニューアルされたシートは快適ですね。

北斗のシート

さて、こちらがリニューアルされた北斗号のシートになります。普通指定席なのに、枕が付いているのが印象的でした。この枕の部分はちょっと上下に動かす事が出来まして、ぴったりと自分の頭の位置に合わせることが出来るようになっています。

チケットホルダー

こちらは、新千歳空港=札幌駅のUシートでもおなじみのチケットホルダーですね。ここにチケットをさしておけば、検札の時に車掌さんが勝手にチェックしておいてくれますので、列車に乗ってすぐに寝たいという方には、オススメ出来る設備となります。

太平洋

この特急北斗号は、苫小牧までは概ね南に太平洋を見ながら走る事になります。今回は、ちょうど夕焼けの時間帯と重なりまして、夕焼けをバックに太平洋を撮影することができました。実際に目で見るともっと美しいと思いますので、是非とも夕方の時間帯に北斗号に乗ってみてくださいね。

大混雑

ちょうど10月の道南は紅葉シーズンでもありまして、平日の夕方の時間帯の北斗号はこんな感じで8割〜9割くらいの乗車率となっていました。大手旅行会社の団体さんも利用しており、さらには外国人の団体の方も利用されているのが印象的でしたね。外国の方は北海道を気に入ってくださったでしょうかね!?

き花

車内誌がおいてありましたので、ちょっと読んでみたいと思います。お菓子などの広告によく用いられている事が多いモンドセレクションの受賞宣伝。基本的には、一定の品質以上の商品であれば全て受賞する賞なので、その事を知っていると、逆に銅賞や銀賞でドヤ顔で宣伝するのは恥ずかしいくらいなのですが、このき花というお菓子は25年連続で金賞を受賞してるんだそうです。金賞の上には実は最高金賞もあるのですがそれはともかく、25年連続で出品する根性がスゴいですよね。

by カエレバ

南千歳駅到着

そうこうしているうちに、75分の電車の旅が終わりまして南千歳駅に到着しました。ちょうど夕暮れの時間帯の乗車だったのですが、乗った時と降りた時では様子が変わり、すっかり夕暮れ→夜となってしまいましたね。ここから新千歳空港行きの電車の待ちあわせ時間が13分くらいあったのですが、10月下旬の南千歳駅は非常に寒かったですね。

この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ