スカイマーク、初めての国際線は2014年度にA380でニューヨークへ!? - とある航空旅行のインデックス

スカイマーク、初めての国際線は2014年度にA380でニューヨークへ!?

記事執筆のタイミングの関係で少し前の話になってしまいますが、11月10日の日本経済新聞に「スカイマークエアラインズが、2014年度にニューヨーク線に新規参入を予定している」ことが2012年上半期の決算説明会で述べられた事が明らかになりました。

スカイマークは良く言うとベンチャー、悪く言ってもベンチャーでありまして、事前に報道された内容で実現されないものが時々あります。例えば以前報道された「関西国際空港=台湾便」なんて、いつまでたっても続報が流れてきません。

このニューヨーク便については、スカイマークが既に導入する事を決定している超大型機のエアバス380の件があるために、どこかの国際線には就航するものと思いますが、元々ヨーロッパを検討していた所、今回のニューヨークの報道ですから、まだ就航までに二転三転する可能性はありますね。

ビジネスクラスの革命的運賃に期待したいと思っています。

日本経済新聞の報道によれば、現在ニューヨークのJFK空港におきまして、大型のA380が駐機できるゲートを使用できるかどうかと交渉中なんだそうです。元々、東京=ニューヨークの路線は日系の2社だけではなく、デルタ航空も就航している激戦区でありまして、ANAも先日1日2便への増便を発表したばかりです。

しかしながら、スカイマークの西久保社長によると「通年で搭乗率が60%あればやっていける」との事です。まあ、大型機なので60%埋めると言っても現在他社が使っているボーイング777よりも多くのお客さんを入れないと行けないので、かなり大変な事とは思いますが、座席を埋めるための施策としては、スカイマークなので運賃面で期待したい所ですよね。

以前の報道によれば、スカイマークのA380は、今の大手の航空会社で言う「ビジネスクラス・プレミアムエコノミークラス」レベルの2クラスになると聞いています。このビジネスクラスが大手のプレミアムエコノミーレベルの運賃で、プレミアムエコノミークラスが大手のエコノミーレベルの運賃で乗れるのであれば、ツアーではかなり人気が出ると思うのですが、2014年度というと2014年4月〜2015年3月の事ですし、サービスの詳細が分かるのはまだまだ先になりそうですね。アメリカ好きの私ですので、期待しておきたいと思います。

この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ