スカイマークの関西国際空港・神戸空港発着路線。LCCとの競合で大苦戦!? サービスは良いと思うんだけど・・・。 - とある航空旅行のインデックス

スカイマークの関西国際空港・神戸空港発着路線。LCCとの競合で大苦戦!? サービスは良いと思うんだけど・・・。

このブログは関西人である私が書いていますので、関西国際空港が本拠地のピーチ航空と、神戸空港発着の路線に力を入れてくれているスカイマークは当ブログでの推しメンならぬ推し航空会社となっています。スカイマークはサービス面ではLCCという訳ではないのですが、価格帯が大手航空会社より安いためか、ANAやJALとの競合よりも、ピーチ航空などのLCCとの競合が影響しているようで、関西地方では苦戦を強いられているようです。

特にピーチ航空と丸かぶりの路線は厳しいようで・・・

スカイマークは株式を上場している会社ですので、情報公開の意味合いもあって、毎月の搭乗率を詳細にウェブサイトで公表しています。創業路線の羽田空港=福岡空港の路線(10月の搭乗率90%)など、羽田空港発着の路線は神戸空港=羽田空港(10月の搭乗率88%)も含めて全体的に好調を維持しているのですが、ピーチ航空との競合が激しい関西国際空港発着の路線は厳しく、神戸空港発着の路線もLCCとの直接の競合がない羽田空港行きと羽田=神戸=長崎の経由便となっている長崎行き以外では苦戦を強いられています。

格安エアライン利用ガイド2012 (イカロス・ムック)

イカロス出版 2011-12-19
売り上げランキング : 386350
by ヨメレバ

特に、関西国際空港からの以下の路線の搭乗率はちょっと厳しいかな〜と思ったのでありました。

■ 関西国際空港=新千歳空港:45.4%
■ 関西国際空港=那覇空港:52.5%
■ 関西国際空港=旭川空港:33.4%

元々神戸空港=新千歳空港・那覇空港の路線は搭乗率が8割を常に超えているようなドル箱路線だったのですが、スカイマークが関西国際空港にも再進出して便数が単純に倍増したことからお客さんが関西国際空港と神戸空港に分散し、さらに3月にピーチ航空が就航してからは神戸空港からの発着便までさらに影響を受けているようです。

スカイマークも対LCCで何もしていない訳ではなく、10,000円で取れるフリー運賃という運賃が2013年の1月からかなり取りやすくなり、那覇空港=宮古空港以外のほとんどの路線で10,000円で乗れるチャンスが増大しました。

まあ、LCCの数千円というのに慣れてしまうと10,000円でも高く思えてしまうのがLCC効果の恐ろしい所ですが、スカイマークは普通運賃感覚で10,000円で搭乗できるので、週末などの多忙期はLCCより結局安く付く事も多いんですよね。

実際、手荷物預け料金・決済手数料などを含めていくとLCCとスカイマークの価格差は縮まりますし、元々スカイマークはLCCよりも座席の面では優れています。そのあたり、うまく宣伝するとスカイマークももうちょっと人気になると思うのですが、その当たりは日本のマスコミを味方につけるスキルの巧拙と言った所なんでしょうかね!? ともかく、現状では赤字ではないようですし、今後のスカイマークの逆襲に期待したい所です。

この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ