エアアジアのクアラルンプール行き。フラットなベッドでゆっくりと休みながらマレーシアまで往復78,000円(燃サなど込み) - とある航空旅行のインデックス

エアアジアのクアラルンプール行き。フラットなベッドでゆっくりと休みながらマレーシアまで往復78,000円(燃サなど込み)

今回は、マレーシアのLCCであるエアアジアのプレミアムクラスのバーゲンセールの情報をお知らせしたいと思います。昨今、LCCであるエアアジアを使ってマレーシアの首都であるクアラルンプールまで行くと、セール時の安い運賃では燃油サーチャージなどなしのコミコミ運賃で、3万円を切ることも珍しくなくなりました。

実際、大手の航空会社ですと、燃油サーチャージと空港利用税など諸々を追加していくと、それだけで3万円前後になってしまう事もあります。そう思うと、エアアジアの運賃はかなりの安さと言えると思うのですが、もう少し高くていいから、ゆったりマレーシアに行きたいという意見がある事も確かなんですよね。

エアアジアプレミアムクラス

そう言う方にオススメなのが、エアアジアのプレミアムクラスです。エアアジアのプレミアムクラスはLCCだけあって、食事などのサービスはANAJALといった国内の大手航空会社に比べると簡素である事は否めないのですが、椅子についてはフラットなベッドになるために、アジア路線には短距離ビジネスクラス用の機材が入る事の多い日系に比べるとむしろエアアジアの方が勝っていると言う事も出来るのです。

プレミアムなベッドの紹介

そのエアアジア・プレミアムクラスの座席はご覧のようなイメージになっています。同じLCCであるジェットスター航空の座席はLCCとは言え、通路側に座ってしまうと外に出るのに苦労するくらいの狭さなのですが、エアアジアの座席はそんな事もなく、少なくとも座席については「プレミアム」という言葉は伊達ではないのではないでしょうか。

プレミアムなベッドの紹介2

人が乗っていない状態で、実際にプレミアムクラスの座席がどれくらいリクライニングするかという様子を示しています。このプレミアムクラスは、座席がプレミアムなだけではなく、機内食や毛布、手荷物の優先引き渡し、優先チェックイン、優先搭乗など、大手の航空会社のビジネスクラスで当たり前のサービスはほとんど付加されていますので、ビジネスクラスが良いけど安くマレーシアに行きたいという方にはオススメできる運賃なのではないかと思います。

今回のクアラルンプール行きプレミアムクラスのスペシャルプライスは12月16日までの販売となっておりまして、羽田空港=クアラルンプールの路線については片道44,000円、関西国際空港=クアラルンプールの路線については片道39,000円となっております。エアアジアは、コレ以外に上乗せで料金がかかる事のない非常に分かりやすい料金体系です。往復78,000円か88,000円でマレーシアに行ってもいいかな〜という方は、この機会にエアアジアのウェブサイトをご確認くださいね。

この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ