エアアジアの成田空港=釜山空港就航記念運賃。全てコミコミの値段は片道なんと4,520円。往復1万円を切ってますね。 - とある航空旅行のインデックス

エアアジアの成田空港=釜山空港就航記念運賃。全てコミコミの値段は片道なんと4,520円。往復1万円を切ってますね。

今回は、ANA系列のLCCであるエアアジア・ジャパンの韓国・釜山就航記念の特別運賃についてお知らせしたいと思います。2012年8月に成田空港をベースに国内線に参入したエアアジア・ジャパンでありますが、その後10月28日にはソウル便に新しく参入し、先週11月28日からは釜山線に参入しました。

同じ成田空港をベースとしているジェットスター・ジャパンについては国内線重視という報道が出ているようですけれども、エアアジア・ジャパンについてはジェットスターとは一線を画す形で国際線重視という方針を取るようです。現在の国際線路線は2路線に留まっていますが、今後は2013年夏の拠点化を予定している中部国際空港からの国際線や、台湾・香港といった路線にも期待できそうですね。

格安エアラインで世界一周 (新潮文庫)

下川 裕治 新潮社 2009-06-27
売り上げランキング : 43990
by ヨメレバ

就航記念運賃は4,520円だそうです。往復1万円を切りますね

エアアジア 釜山 セール運賃

さて、エアアジア・ジャパン・成田空港=釜山の就航を記念しまして、現在エアアジア・ジャパンのウェブサイトでは、釜山空港就航記念運賃を販売しています。親会社のエアアジアでは、この上の画像で1,980円とドーンと書いてある場合はコミコミで1,980円というのが普通なのですが、エアアジア・ジャパンについては、燃油サーチャージはかからないものの、空港利用税は別建てで徴収されるのが通常のようですね。ということで、総額運賃は4,520円ということになります。

先日、北九州空港を拠点としているスターフライヤーの釜山行き運賃のセールについてご紹介しました。スターフライヤーの格安運賃は、最低価格が11,500円だったのですが、スターフライヤーはLCCではないという事を踏まえてもこのエアアジア・ジャパンの安さは際立っていますよね。

私の住んでいる関西地域では、どうしてもLCC=ピーチ航空というイメージが拭えないのですが、首都圏という後背な地域を抱えているエアアジア・ジャパンの方が今後の拡大余地という点では大きいのかもしれないですね。現在は、まだ機材が3機しかないため路線網は控えめですが、4年後には30機を目指しているということで、どういう路線網が構築されていくのか、楽しみでなりません。

この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ