大阪伊丹空港4階「展望デッキ ラ・ソーラ」は定番施設ですが、一緒にある家具屋「アクタス」は果たして売れているのだろうか? - とある航空旅行のインデックス

大阪伊丹空港4階「展望デッキ ラ・ソーラ」は定番施設ですが、一緒にある家具屋「アクタス」は果たして売れているのだろうか?

今回は、大阪伊丹空港の4階にある施設である展望デッキ ラ・ソーラを見学したいと思います。私は飛行機の写真自体を撮るタイプの航空ファンではなく、実際に旅行するのが好きな方なので、写真にはあまりこだわりがありませんが、航空機の写真を撮る方にはこういう展望デッキは絶好の場所なんでしょうね。

ただ、突き詰めて行くと、展望デッキからだと離陸や着陸の迫力あるアングルは撮影できないと思うので、そういう写真ファンの方は空港の外に出て行って撮影するんでしょうね。伊丹空港の近くには、伊丹市が直接運営している公園である伊丹スカイパークというのがあり、ここでは飛行機を撮影する航空ファンなどが集まると聞いています。私はこれ以上趣味を増やすと生活時間が足らなくなりそうですけど、飛行機撮影も楽しそうですよね。

良い施設だとは思うんですけど、なぜ喫煙する人が出てくるのかが謎です。

大阪空港展望デッキらソーラ

さて、今回はANA105便に乗って沖縄那覇空港まで旅行します。チェックインを終えて、荷物を預けたので今回の目的地である4階の展望デッキに向かう事にしたいと思います。

注意文

こういう公共のスペースではマナーを守らない人がどうしてもいるのか、このような注意文が書かれてありますね。この展望デッキの床は木目調になっていて素晴らしいものだとは思うのですが、時々ケガをする人がいるそうですね。お子様は注意した方が良さそうです。あと、ここに喫煙所以外では禁煙と書いてあるのに、やっぱりタバコを堂々と吸っている人がいました。まあ、外国の方だと注意文が読めないので仕方ないかな〜と思うんですけど、日本人が堂々と吸っているのは、どういう教育を今まで受けて来たのかと心配になってしまいます。

ANA側にいます

さて、それはさておき、今回の展望デッキを堪能したいと思います。大阪伊丹空港は機材自体は大型機のボーイング777からプロペラ機まで多種多様で楽しいと思うのですが、就航している会社がANAJALにオマケに天草エアラインしかなかったように思いますので、ちょっと飛行機のバリエーションって言う点では国際空港には及びませんよね。

ANA側の写真2

伊丹空港は北半分JAL、南半分がANAとハッキリ分かれており今はANA側に滞在していますので、どこを見てもANAの機材しか目に入りません。神戸空港のように便数が少ないということはないので、常に視界に飛行機は入ることになると思うのですが、個人的にはやっぱり関西国際空港の展望デッキの方が面白いかな!?と思ったのでありました。まあ、無料の展望デッキなので、それを思うと良い展望デッキですよね。

そして、写真には撮りませんでしたが、この展望デッキから回れ右をすると、そこは大型家具店で有名な「ACTUS」の伊丹空港店があるのです。正直、空港に来て家具買うか〜と思うのですが、開店してからある程度経っても閉店する気配はないようなので、ソコソコ売れているってことなんでしょうかね?実際、新千歳空港はある程度地元のお客さんも取り込めているそうですし、今後は空港ビルの経営も旅行客以外をターゲットにしていく必要があるのかもしれませんね。

この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ