ビィートランセが運行する銀座=成田空港の1000円バス。銀座=成田空港近郊ホテルの路線を新規で運行開始。 - とある航空旅行のインデックス

ビィートランセが運行する銀座=成田空港の1000円バス。銀座=成田空港近郊ホテルの路線を新規で運行開始。

2012年は成田空港にエアアジア・ジャパンやジェットスター・ジャパンといった国内線LCCが就航し、さらにはシンガポールのLCCであるスクート航空も新たに成田空港=台湾=シンガポールの路線を就航しました。今まではLCCと言えば関西国際空港発着の路線が多かったと思うのですが、コレからは成田空港発着のLCCも熱くなりそうですね。

さて、成田空港と言えば飛行機は安くても成田空港に行くまでが高いというのが格安旅行好きの方にとっては不満材料だったのではないでしょうか。羽田空港・成田空港に乗り入れしている東京空港交通リムジンバスなどが空港アクセスの主流なのですが、例えば新宿=成田空港の路線で運賃が3,000円もするなど下手すると飛行機代よりも高くなってしまいますよね。

そんな状況に風穴を空けたのが、ビィー・トランセが運行している東京・銀座=成田空港の格安バス「アクセス成田」です。この成田空港行きのバスは、わずか1,000円で成田空港まで行くことができ、その安さから運行開始してすぐに増便するくらいの人気となりました。

ビィートランセ アクセス成田

銀座・東京駅=成田のホテルで新たな需要を発掘できるか!?

さて、その1,000円バス「アクセス成田」で公表を博したビィー・トランセでありますが、2013年1月からは新しく銀座から成田空港近隣の9ホテルを結ぶ路線を就航することとなりました。ホテルまで行くなら空港に行ってもいいんじゃないの?と思われる方がいらっしゃるかもしれませんけれども、LCCの運賃の安さを思うと、ホテルに前泊したとしても総額旅行代は安くなる事が多く、前泊して翌日の早朝便で成田空港を出発する需要を取り込もうと言う訳なんですよね。

現在の予定では、東京・銀座発で18:25・19:25・20:25の1日3便のバスの運行を予定しているんだそうです。このホテル行きのバスも、成田空港行きのバスと同じ、運賃は1,000円ということになります。

成田空港近辺のホテルは、場所が場所だけに比較的安い価格帯のホテルが多いのですが、LCC利用客向けの早朝チェックアウトプランではさらに安いプランを設定している所もあり、成田エクセルホテル東急の場合は、1人1泊3,500円から宿泊が可能なんだそうです。この前日入り→ホテル→翌日出発の旅行がブームとなるか、旅行ファンとしては是非とも注目したい所ですね。

この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ