北海道北の玄関口・稚内空港ご紹介。夏のピーク時でも1日6便の空港だけど、お土産屋も無料LANも完備されているのね。 - とある航空旅行のインデックス

北海道北の玄関口・稚内空港ご紹介。夏のピーク時でも1日6便の空港だけど、お土産屋も無料LANも完備されているのね。

北海道の北の玄関口というだけではなく、利尻島・礼文島と言った夏に人気のスポットに行くのに便利な稚内空港に行ってまいりました。この稚内空港、基本的に便数が多くなるのは夏のシーズンで、今の夏スケジュールだと新千歳空港2便・羽田空港2便・関西国際空港1便・中部国際空港1便の合計6便が飛んでいます。これが、夏以外になると、新千歳空港2便・羽田空港1便に。新千歳空港行きはプロペラ機なので人数は少ないですし、この時期こそ稚内の一番盛り上がるときと言えるのでしょうね。

すがすがしい青空だけど、最高気温は20度ですよ☆

稚内空港外観

さて、そんな稚内空港にやってまいりました。7月も後半ということもあり、関東や関西では35度以上になることも珍しくありませんが、稚内の週間天気予報を見てみると、なんと驚きの最高気温15度という日もありました。この写真を撮影した日は最高気温23度ですが、それでも半袖+薄手の長袖くらいでちょうど良い感じでした。避暑にはもってこいの稚内ですね。まあ、運賃が高いのが難ではあるんですけどね。

謎の顔ハメパネル

国内のみならず世界中で見かける顔ハメパネル。ここ、稚内空港にも空港の目の前に謎の牛の顔ハメパネルが置いてありました。なんと2人で牛と牛乳になり切ることができるようですね。しかし、あまりにも使う人がいないのか、後ろに回ってみると、なんと蜘蛛の巣が貼っていたのでした。これはビックリでしたね。

インターネットが使えました

さて、この稚内空港は最近の空港らしく、無線LANを使うことができます。しかも、設定なしでつながるフリースポットというのがウレシイですよね。さらに、パソコンやスマートフォンをお持ちでなくても、このように1台だけパソコンが設置されていますし、さらにLANコードも1台分だけ設置されていました。急なお仕事にも役立ちそうですね。

ANAFESTAなど

さて、稚内空港にはお土産屋さんが3店舗ありました。ANA好きにはおなじみのANA FESTAに、地元っぽいお店の宗谷観光物産、そして、フェリーの方でもお世話になったハートランドフェリーの3店舗です。ANAカード持ちの方はANA FESTA一択かもしれませんが、好きな商品がある所で買う・・というのが一番良さそうですね。

花畑牧場

以前よりは勢いがなくなったように思える花畑牧場の商品も置いてありました。飛行機は長時間乗るので、生キャラメルはちょっと向いていないと思いますけど、こちらのぽてっ娘なんて、持ち帰りに向いている商品ではないでしょうか?ポテトチップス+チョコという組み合わせはどこかで見た事がある気がしますけど、味自体は結構イケてるんじゃないかと思います。値段がちょっと高いかな!?

ちなみに、花畑牧場の商品は、楽天市場でもこのような感じで公式ショップにて豊富に扱っていますので、わざわざ北海道で買うなら、地元でしか買えないような商品を買って、花畑牧場の商品は北海道物産展や楽天市場で買うのが良いかもしれませんね。

エアポートレストラン

こちらは1日の便数が少ない空港ですけど、ちゃんとレストランも1軒だけ設置されていました。その名も「エアポートレストラン」と、まさにそのままな名前のレストランですね。

メニュー

レストランのメニューです。ウェブサイトを見ると、「宗谷の塩らーめん(750円)」と「大玉の帆立が2個入った帆立らーめん(850円)」がオススメなんだそうです。個人的には「北のさぬきうどん」ってメニューが気になりますけど、北なのか、讃岐なのかどっちやねん!ととりあえずツッコミしておきますね。

この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ