関西国際空港と大阪梅田・神戸三宮の早朝・深夜の交通アクセスが改善。関西の人なら誰でもピーチの始発便に乗れる!? - とある航空旅行のインデックス

関西国際空港と大阪梅田・神戸三宮の早朝・深夜の交通アクセスが改善。関西の人なら誰でもピーチの始発便に乗れる!?

先日、3月1日に当ブログ一押しのLCCであるピーチ航空は1周年を迎えました。就航する前は、このビジネスモデルで成功するのか!?と疑問に思うところもあったんですけれども、会社が利益を出せている状態かはともかく、関西地域でのピーチ航空の知名度は確実に上がっていますし、実際運賃さえ安ければある程度座席は埋められているように思います。

ピーチ航空は、機材を効率的に使うために、関西国際空港を朝6時台に出発したり、最後の到着が23時台になってしまう便もあるんですよね。そして、夜遅い便ほど遅延する可能性が高いために、関西国際空港まで帰ってきても結局空港で野宿をしないといけないという方が意外にいらっしゃるんだそうです。

実際のところ、関西国際空港は元々24時間空港なので、24時間空いているマクドナルドなどのお店がありますし、多少お金を出せばインターネットカフェでゆっくりする事もできるんですけれども、少しでも夜のうちに家に近づけるのであれば、それに越した事はないですよね。

そういう声に応えてか、来月2013年4月1日から大阪梅田・神戸三宮と関西国際空港を結ぶリムジンバス・高速船の深夜・早朝の増便が行われる事になりました。いずれは、ピーチ航空も24時間態勢になり、このバス・船も24時間態勢で走るようになるのではないか!?との私の予想ですけれども、果たしてどうなる事やら・・・!?

早朝便の増便

こちらは、早朝の方の増便になります。大阪・梅田の出発はなんと3:03との事なんですよね。今までの4:28発でも大阪梅田から徒歩圏内の人以外どうやって梅田(大阪駅)まで行くんだよと思っていたんですけれども、3:03だと、終電で大阪駅に向かってそのまま24時間営業のお店で時間をつぶし、3:03のバスに乗るという戦略が使えそうです。

ちなみに、神戸・三宮方面からの大阪駅行きの終電は三宮発が0:33、大阪駅着が1:09となっているようですね。1時から3時までの2時間待ちは辛いと言えば辛いですけれども、大阪・梅田は眠らない街ですので、この2時間くらいならどうってことないのかもしれませんね。

また、現在6:30が始発となっている神戸空港から関西国際空港行きの高速船も増便され、始発が神戸空港5:30発となります。こちらは、ピーチ航空の始発には間に合いませんけれども、今まで乗る事ができなかった便でも乗れるようになる可能性がありますね。ただ、都心からのポートライナーの接続はないんだそうです。

深夜便の増便

続いて深夜便の増便についてです。今までは、大阪・梅田行きの最終バスは24:15であり、コレでも十分遅かったとは思うんですけれども、新しく25:15の大阪梅田行きのバスができる事になりました。梅田に26:37についても「どないすんねん!」とツッコミを受けそうですけれども、たとえばJRの神戸方面行きの始発は5:00ですので、2時間くらいでしたらなんとか時間をつぶせるかもしれませんよね。

また、現在は22:00が最終となっている神戸空港行きの高速船も一気に24:00の最終便が増便される事になりました。こちらも、神戸空港からの公共交通機関はないんですけれども、三ノ宮駅行きの接続バスが出るんだそうです。三ノ宮駅の西明石行き最終電車は25:04。コレに接続できると三ノ宮以西の神戸市民が全員使えるので、非常に大きいと思うんですが、果たして!?と言ったところですね。

この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ