関西空港交通リムジンバス「神戸三宮=関西国際空港」2013年4月搭乗記録と気になった広告のご紹介。 - とある航空旅行のインデックス

関西空港交通リムジンバス「神戸三宮=関西国際空港」2013年4月搭乗記録と気になった広告のご紹介。

今回は、2013年4月にオーストラリア旅行に行った際に神戸から関西国際空港まで移動するために利用した関西空港交通リムジンバスの様子をご紹介する事にしたいと思います。

今回は、午前11時に関西国際空港を出発する便に搭乗しましたので、神戸三宮発午前7:30のバスに乗車しています。このバスは関西国際空港まで70分くらいかかりますので、関西国際空港に到着するのは意外にギリギリということになりますね。国際線利用時には2時間前くらいに空港に着いておくのが望ましいですからね。

by カエレバ

今回は、気になった広告を中心にご紹介していきたいと思います。

車内の様子

さて、神戸三宮7:30発関西国際空港行きの車内の様子です。関西国際空港は、朝の9時台〜11時台に出発する国際線の本数がやたらと多いため、この時間の空港行きのバスは混み合う傾向にあるんですけれども、さすがに4月の平日だとそれほど混雑しているという印象はありませんね。しかしながら、夏休みなどのピーク時には、乗り切れないほどの混雑になる事もありますので、気をつけておきたいですね。

さんプラザ

搭乗率7割くらいのバスが関西国際空港に向けて出発します。右を見ると、三宮駅前のショッピングビルの1つである「さんプラザ」を見る事が出来ますね。

紀陽銀行の広告

さて、海外旅行に行く時に気になる事の1つと言えば「両替」なのではないかと思います。基本的に米ドルとユーロは日本で両替、他の通貨は現地で両替というのがセオリーなんですけれども、それを知らないと全部日本で両替してしまいますよね。

関西国際空港には、和歌山に本社をおく銀行の「紀陽銀行」も両替所を出店しているんですけれども、日本円1万円あたり5マイルをプレゼントしてくれるキャンペーンをおこなっているようですね。このキャンペーンにはつられてしまいそうですけれども、10万円両替しても50マイル・・と冷静に考えると、やはりマイナー通貨であれば現地で両替するのがセオリーと言えそうです。

JAlネットワーク拡大

さて、空港バスの椅子の前のポケットには大手2社であるANAJALの広告が入っているのが定番となっているんですよね。特に、JALの方は3月31日から伊丹空港の路線を大幅に拡充し、経営破綻前の路線網に少し近づきました。関西地区では国内線はANAの圧勝という状態が続いていましたけれども、今後のJALの逆襲に注目ですね。

ANAのティッシュ

今回のキャンペーンに合わせ、JALは7月12日までの関西地区発着の国内線について「ダブルマイルキャンペーン」を打ち出して来たんですけれども、結局はANAもほぼ同じキャンペーンで追随する事になりました。この期間は、大阪=札幌・那覇あたりの路線を利用する時はドーンとマイルが貯まりますね。

朝の海

さて、そんな感じで広告チェックも終えましたので、朝の海を見ながら関西国際空港まで参りたいと思います。神戸三宮から関西国際空港の路線の場合、右側に座ると「ずっと海」となるんですよね。「海」の風景が神戸らしいと考えるのであれば、右側に座る事をお勧めしたいと思います。「海」ではありませんけれども、堺市以降の工業地帯の風景も見所の1つですよ。

この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ