マレーシア航空 関西国際空港の指定ラウンジ「ANAラウンジ」を利用しました。 - とある航空旅行のインデックス

マレーシア航空 関西国際空港の指定ラウンジ「ANAラウンジ」を利用しました。

今回は関西国際空港からシドニーまでクアラルンプール経由にてマレーシア航空を使って飛んでみる事にしました。今までマレーシア航空は使った事がありませんでしたので、今回が初めてのマレーシア航空利用という事になりますね。

さて、マレーシア航空は航空アライアンスでいうとJALと同じワン・ワールドグループに属しています。ということで、関西国際空港からマレーシア航空で飛ぶ時、当然のように利用するラウンジはJALのサクララウンジだろうと思ったいたのですが、案内をいただいたのはなんと「ANAラウンジ」でありました。

そういわれてみると、確かにチェックインの所で作業をしていたのもJALの係員さんではなく、ANAの係員さんだったんですよね。確かにマレーシア航空がワン・ワールドグループに入ったのはつい最近の事でありますし、いずれはJALに業務委託するにしても、それはスグに・・という訳にはいかないんですね。

いくつかラウンジ内の写真をピックアップしてご紹介します。

おにぎり

さて、今回はビジネスクラスでマレーシア経由シドニーまで参りますので、機内食だけでもビジネスクラスの機内食を最低2回(実際は1飛行あたり2回で4食ありました)いただくと思い、ラウンジでのお食事はいつもに比べると控えめのおにぎりとクッキーだけいただく事にしました。

ジンジャエール

おにぎりとは合わない気がしましたけれども、今回はジンジャエールを一緒にいただく事にしたいと思います。

外を眺めます

今回座っているラウンジの席の近くの窓から外を眺めます。右側の方にANAの航空機が半分弱だけ写っていますけれども、なぜ機体を全部入れずにこんな中途半端な写真にしてしまったのか、今となってはもう覚えていません。

コーヒーメーカー

おにぎりをいただいても、まだマレーシア航空の搭乗開始までは時間がありますので、コーヒーをいただく事にしたいと思います。こちらのコーヒーメーカーは最近のANAラウンジで良く導入されている「EGRO社」製のコーヒーメーカーですね。

コーヒー

実際に買うと7ケタのお値段がしてしまうEGROの業務用コーヒーメーカー。さすがに、それだけの高級コーヒーメーカーだけあって、このラウンジのコーヒーは結構美味しいのではないかと思います。ファミレスのドリンクバーとは格が違いますね。

クラッカー

ピーナッツやクラッカーなどがあります。以前は、この位置にニューヨークのフルーツチョコレートがあったんですけれども、今日はありませんでしたね。既に提供は終了してしまったのでしょうか。実は、関西国際空港のANAラウンジではニューヨークのフルーツチョコレートが一番美味しかったと思うんですけどね。そのチョコレートは過去の記事で紹介してありますので、気になる方は過去の記事をご覧くださいね。

おにぎり

こちらは、おにぎり・パン・みそ汁・スープなどのコーナーです。日本の顔である「成田空港」のラウンジに比べると食べ物の量はかなり控えめですけれども、ANAは近距離路線が中心ですし、まあこんなものかなと思いますね。ただ、ラウンジが利用客の数の割には狭く、椅子がぎっしりと詰まっているのはイマイチですね。コレは、羽田空港・成田空港でも共通ではありますけれども・・・。


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ