大阪出る時に連れて行きたい「たこ昌」のたこ焼き(関西国際空港店)でたこ焼き・明石焼・どて焼きをいただきました☆ - とある航空旅行のインデックス

大阪出る時に連れて行きたい「たこ昌」のたこ焼き(関西国際空港店)でたこ焼き・明石焼・どて焼きをいただきました☆

「大阪出る時連れってて〜☆」というCMでおなじみのたこ昌のたこ焼きなのですが、大阪を出る時に誰かにお土産を持って行かないといけない状況が滅多になく、店舗一覧を見てもこの関西国際空港店を入れてわずか5店舗しかない事から、実は意外にこのたこ昌を食べる機会がありません。ということで、関西国際空港店で見つけたこのたこ昌を初めていただく事にしたいと思います。

明石焼700円は高い!と思ったけど、新大阪よりは安いんだそうです・・

たこ昌

さて、関西国際空港の中にあるたこ昌の目の前にやってきました。関西国際空港2階にあるフードコートの「町家小路」にお店はあります。たこ焼きと言えば、大阪を象徴する食べ物だからか、日本人の旅行客のみならず、外国人の方も良くこのお店で食べているのを見かける気がしますね。

焼きそば+たこ焼きのセット

関西にはありがちな炭水化物×炭水化物のセットメニュー。こちらは焼きそば+たこ焼きのセットだそうです。まあ、関西で人気の2品が一気に食べられるから良いのではないかと思います。良く言われる「お好み焼き+ご飯」よりは炭水化物度合いはマシではないでしょうか?

たこ焼きメニューは多種多様

こちら、たこ昌のたこ焼きはその味付けが多種多様なのも魅力の一つですね。ノーマルのたこ焼きは580円とのことなんですが、今回は変わり種ということで、チーズ&もちたこ焼きのソース味(680円)をいただく事にしました。

明石焼

こちらがたこ昌の明石焼になります。明石焼はたこ焼きとは形が似てるだけで、全然違う食べ物なんですけど、外国の方から見ると、明石焼はつゆに付けて食べる、たこ焼きはソースに付けて食べるなんてくらいの違いでしかないのかもしれませんね。本場明石の方が美味しいとは思いますが、明石に行くのは関空からはかなり遠いので、コレくらいでもまあ満足かな?と思いました。

もちチーズたこ焼き

こちらはもちチーズたこ焼きです。たこ焼きに餅とかチーズは邪道という方もいらっしゃるかもしれませんが、ノーマルのたこ焼きは関西各地で食べる機会があるので、ついついこの斜め上のメニューを注文してしまいました。ソース・もち・チーズのハーモニーは個人的にはうまくハモっていたのではないかな?と思いました。

土手焼き

そして、コレだけでは飽き足らず、久しぶりの土手焼きも注文しました。こういうのってお酒を飲む人が食べるもののような気もするんですけど、まあ好物なのでいただく事にしましょう☆ 量的にはあまり多くないので、たこ焼きに追加で頼んでも十分いただけるのではないかと思いますよ☆

この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ