ビジネスクラスでも衝撃の狭さ。JQ19便 ゴールドコースト〜関西国際空港(ビジネスクラス)座席などなどご紹介です☆ - とある航空旅行のインデックス

ビジネスクラスでも衝撃の狭さ。JQ19便 ゴールドコースト〜関西国際空港(ビジネスクラス)座席などなどご紹介です☆

今回のジェットスター航空で行くオーストラリア旅行。基本的には今回搭乗したジェットスター航空19便 ゴールドコースト〜関西国際空港のビジネスクラスのサービスには値段のことを思うと満足ではあったのですが、唯一の不満は座席でした。

普段ANAJALの国内線プレミアムクラスなどに乗っている身からすると、せめてANAのプレミアムクラスくらい?と思ったらそれは大間違いです。前の人が席を倒してこなければまだマシではあるんですけど、倒されてしまうと衝撃の狭さだったのです。その他、搭乗からウェルカムドリンクまでの様子もご覧ください☆

シートピッチ「不明」って書いてある旅行パンフを見た事があります☆

JQ19便関西国際空港行き

さて、ゴールドコースト空港のラウンジを出て関西国際空港行きの搭乗口までやってまいりました。この関西国際空港行きはJALとのコードシェア便のため、このようにJL5088便という表示もなされています。いずれ、関西国際空港のJALが全部ジェットスターになっちゃうかも・・というのは心配事ではあるんですけどね。

ゲート8

さて、今回の搭乗口はゲート8でした。国際線の少ないゴールドコースト空港。この時間帯は大阪・東京に行く路線とニュージーランドのオークランドに行く路線くらいしかないようで、日本人のお客さんの割合が圧倒的に多かったように思います。

歩いて飛行機に向かいます

さて、ジェットスター航空でもビジネスクラス利用の方は優先搭乗があるようなので、優先搭乗を行う事にしたいと思いますが、ゴールドコースト空港は元々国際線の本数が少ない空港だからか、このように歩いてジェットスターの飛行機まで向かう事になります。しかも、搭乗開始したのに準備ができていないということで、この辺りで待たされる始末です。うーん、それってどうなんでしょうね?

空いてはならない所?

今回は、ビジネスクラスの一番後ろの座席を確保しました。横は開けてはいけないような収納スペースになっているのですが、なぜか全開になっています。中に入っているのはCAさんの制服の替えかのかな!?

ウェルカムドリンク

この収納棚は少し経ってCAさんが開けっ放しなのに気づいたのか閉めていきました。そして、その後でウェルカムドリンクのサービスがあります。定番のシャンパンかオレンジジュースかお水の選択ですが、その中だと私が選ぶのはオレンジジュース一択ですね。美味しいオレンジジュースだったと思います。

前の席が超狭いわ

そして、飛行機も離陸ししばらく経ちました。こればかりは値段も安いので仕方ないんでしょうけど、前のお客さんがドーンと座席を倒してきます。控えめに倒しているように見えますけど、これは最大限に倒してこのリクライニングなのです。

まあ、それでも普通の座席で行くよりは断然楽ですし、ビジネスクラスなのに燃油サーチャージなど入れて片道6万円くらい(エコノミーとの値段差は36,000円)だったので、こんなものかもしれませんけど、ジェットスターには、ANAのようなビジネスクラスを期待しないように気をつけておきたい所ですね☆


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ