香港・エアポートエクスプレス乗り継ぎ無料バス「K4ルート」に乗車。ラクスマナー香港〜九龍駅までのんびりとした道中です。 - とある航空旅行のインデックス

香港・エアポートエクスプレス乗り継ぎ無料バス「K4ルート」に乗車。ラクスマナー香港〜九龍駅までのんびりとした道中です。

香港の九龍駅と香港国際空港(機場駅)を結ぶためのエアポートエクスプレスに乗車するために、今回宿泊していたホテルであるラクスマナー香港からエアポートエクスプレス乗り継ぎ無料バス「K4ルート」に乗車して、エアポートエクスプレスの九龍駅まで行く事にしたいと思います。

今回宿泊したラクスマナー香港は、その内部がまるでおとぎの国!?と勘違いしてしまうようなメルヘンなホテルでした。ただ、場所が便利で値段がそこまで高くないだけあって、カップルのご旅行にはちょっと狭いように思います。私のように一人旅なら結構良いホテルだと思いますので、その内装などに興味がある方は、上のページから是非ともご覧くださいね。

無料っていうだけあって、それなりのバスがやってきます。

K4ルートバス乗り場

さて、このラクスマナー香港の目の前エアポートエクスプレス接続バスのK4乗り場があります。九龍半島エリアにあるホテルは、メジャーな所は概ねエアポートエクスプレス接続バスの乗り場が設置されているので、ホテルのページなどでご確認いただければと思います。

このバス。便利ではあるんですけど、各ホテルを回るので意外に時間がかかるということと、本数が20分に1本とそれほど便利ではないのが難なんですよね。まあ、無料のサービスで、正直な所乗るのに何も見せないので、誰でも乗れちゃいそう・・と思うとコレくらいのサービスでも仕方ないかな〜とは思うんですけどね。

佐川急便おつかれさま

バスを待っていると、目の前に佐川急便の車が停まっていました。アジア地域ではヤマト運輸を見る事が多いように思うのですが、この佐川急便も頑張ってアジアで展開しているんですね。日本の会社にはアジア各地で頑張ってほしいですよね。

停まるホテル

バスの中にはK4ルートの路線図が掲載されています。このルートが停車する場所は全部で5カ所ですね。今回宿泊のラクスマナー香港は3番目の停車駅になります。

車内は意外と狭いです

エアポートエクスプレスの九龍駅を発着するバスは全部でK1〜K5の5路線あるのですが、それぞれのホテルの利用者に応じてバスの大きさを変えているようですね。今回利用するK4の路線については、バスの利用者がそれほど多くないためか、ご覧のような小型のバスでの運行となっていました。実際、席はソコソコ埋まるものの全部埋まることはなかったので、うまく運営できているんでしょうね。

九龍公園

バスは市内をグルグル廻るため、意外に時間がかかります。最後の停車場所であるBPインターナショナルはその近くが九龍公園の入り口でした。この九龍公園は、香港の九龍半島の一番都会の部分にデーンと構えているかなり大型の公園なんですよね。散歩していると大都会の中にいることを忘れてしまうくらいの都会のオアシスなのです。興味のある方は、一度散歩してみることをオススメしますよ☆

この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ