国内初のLCC専用ターミナルは沖縄・那覇空港に10月18日オープン☆ - とある航空旅行のインデックス

国内初のLCC専用ターミナルは沖縄・那覇空港に10月18日オープン☆

先日、私の応援している関西国際空港の第2ターミナル(LCC向けターミナル)が10月28日にオープンするという事をご報告しました。このLCC向けターミナルは、当然日本で初のLCC向けターミナルなのだろうと思っていたのですが、実は沖縄・那覇空港でもLCCターミナルが動いていたのです。

実際、2ヶ月に1回は那覇に行っているはずなのに、事情通ではない私なので、日経新聞の下記8月1日付けの報道があるまでは、全く気づく事はありませんでした。もうちょっとアンテナを張ってあちこち歩き回らないとダメですよね。

那覇空港貨物ターミナル(那覇市、当銘賢一社長)は31日、那覇空港の貨物ターミナル内に格安航空会社(LCC)専用施設を設けると発表した。駐機スペースに余裕がある貨物ターミナルを活用して、航空機の混雑を防ぐ。全日本空輸系のピーチ・アビエーションが関西―那覇路線に就航する10月18日の供用開始を目指す。沖縄県によると、予定通り稼働すれば、国内初のLCC専用ターミナルとなる。 引用元:8月1日の日経新聞

ピーチ航空の就航と同時に開業とは気合い十分ですね☆

私自身のホーム空港が関西国際空港である、とある航空旅行のインデックスなので、どうしてもLCCは地元のピーチ航空押しになってしまいますが、実際ピーチ航空はマスコミ対策もうまくいっているのか、実情以上に関西の人たちに安いというイメージを植え付ける事に成功している気がします。

また、違う日の日経新聞には、ピーチ航空が那覇空港を第2拠点にする予定であるという記事も掲載されていました。ということで、関西地方をピーチ航空一色に染めた後は、沖縄をハブに沖縄県の人だけではなく、沖縄乗り継ぎでのアジア各地の需要を取り込んで全国のお客さんをターゲットにするのではないかと言う事が予想されます。

さて、ニュースの話題に戻りたいと思いますが、今回のLCCターミナルは既存の貨物ターミナルを利用するとありますよね。この貨物ターミナルは2009年からANAが那覇空港を物流のハブにしており、そのハブのための施設として用いられています。全国各地から那覇空港に荷物を集め、そこからアジア各地に出荷している訳なんですよね。

実際、この貨物ハブ機能は夜の時間帯中心の営業となっており、今まで昼間は遊んでいることの多い施設でした。それを暫定的にLCCターミナルにしてしまおうていうのですから、那覇空港の施設が逼迫しているとは言え、良いアイデアだと言えるのではないでしょうか。現在、この施設を利用する予定なのは、ピーチ航空とエアアジア・ジャパンということですが、ANA系の2LCCが利用というのがやっぱりANA系の施設利用だから?と思ってしまいますよね。

この後、那覇空港では2014年に国際線ターミナルがリニューアルオープンし、それと同時にピーチ航空が国際線に参入することが予想されます。今でもピーチ航空のおかげで、関西からソウル・香港には意外に安く行けるようになっていますが、その恩恵が全国各地の人に広がるか、それに注目したい所ですね。


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ