ピーチ航空、香港・台北行き冬ダイヤを発表。香港行きは使いにくくなって・台北行きは超使いやすくなった!? - とある航空旅行のインデックス

ピーチ航空、香港・台北行き冬ダイヤを発表。香港行きは使いにくくなって・台北行きは超使いやすくなった!?

関西LCCのピーチ航空の国際線冬ダイヤが発表されましたので、個人的によく使う香港行きと台湾行きについてレポートをしたいと思います。気になる本数は、香港行きは1日1便のままとなりますが、台北行きについては当初の予定通り12月15日から1日2便へと増便になります。総合的に考えると、香港は少しだけ不便になりますが、台湾は便利になると言えそうですね。

ピーチ航空冬ダイヤ発表

ピーチ航空・香港行きが不便になると考えるのは、時間が変更されるためです。

ピーチ航空の香港行きは、元々関西国際空港を夜に出て香港国際空港に深夜着、そして逆の便は香港国際空港を深夜に出て関西国際空港には早朝着と、これを使いやすいと思う人も居るのでしょうけど、個人的にはちょっと使いにくい時間帯だと思っていました。この路線、現状のダイヤと新ダイヤを比較するとこうなります。

関西国際空港〜香港国際空港 ピーチ航空夏ダイヤ
ピーチ67便 関西〜香港:21:10〜0:05
ピーチ68便 香港〜関西:0:50〜5:30

関西国際空港〜香港国際空港 ピーチ航空冬ダイヤ(10月28日〜)
ピーチ67便 関西〜香港:21:10〜0:35
ピーチ68便 香港〜関西:1:15〜5:45

こう見ると、実は関西国際空港を出る時間は2つのダイヤで変わらないのですが、冬の偏西風の影響は厳しいのか、香港国際空港への到着時間は30分遅れることになります。これが、何に厳しいのかと申しますと、街へ出るエアポートエクスプレスなんですよね。このエアポートエクスプレスの香港駅行きの最終は24:48なのです。

このエアポートエクスプレスの最終は、今までのダイヤでは延着しなければ乗る事が可能でした。でも、新しいダイヤだとちょっと乗るのは無理と言い切ってもいいですよね・・。まあ、これに乗り遅れても街へ出る深夜バスがあるので、空港で1泊ということはないのですが、旅行初心者には厳しいですよね。まあ、深夜着の便で香港に行く人なんて、香港の達人ばかりだから心配ないのかしら!?

台湾桃園空港行きのダイヤは1日2便に増便でますます便利に☆

一方、台湾桃園空港行きのダイヤは12月15日から1日2便に増便となり、ますます便利になります。香港もこんな時間に出ればいいな〜と思うんですけど、それには機材の配備をまたなくてはいけないんでしょうね。

関西国際空港〜台湾桃園国債空港 ピーチ航空冬ダイヤ(12月15日増便後〜)
ピーチ21便 関西〜桃園:7:00〜9:15
ピーチ22便 桃園〜関西:9:50〜13:15
ピーチ27便(増便) 関西〜桃園:15:45〜18:00
ピーチ28便(増便) 桃園〜関西:18:35〜22:00

こちらは初便の朝7時関西国際空港発がちょっと早いかな〜と思うくらいで、それ以外は申し分ないダイヤと言えるのではないでしょうか。香港がこのダイヤだと便利だけど、便名を見る限りはどちらも1日4便までの増便は考えているようなので、いずれは両国とも便利になると信じたいですね☆

この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ