最大JAL8,200マイルをもれなくプレゼント☆ さらに抽選で10,000マイルも!?(JALカード 夏旅・秋旅キャンペーン) - とある航空旅行のインデックス

最大JAL8,200マイルをもれなくプレゼント☆ さらに抽選で10,000マイルも!?(JALカード 夏旅・秋旅キャンペーン)

関東や関西にお住まいの方で、北海道や沖縄に旅行に行くのが好きという方であれば、やはり日頃の出費をマイルに変換したいものですよね。その時、ANAのマイレージを貯めるのか、JALのマイレージを貯めるのかというのは永遠のテーマかと思うのですが、何年もANA・JALの両社に乗りまくっている私の結論としては、どちらか一方と言うのであれば以下のように貯めることをオススメします。

毎年10万マイル以上搭乗する私の結論はこのようになりました。

JALマイルを貯めた方が良い方・・関東圏にお住まいで国内線を中心に使う・国際線はエコノミークラス中心に使う
ANAマイルを貯めた方が良い方・・関東圏以外にお住まいの方で国内線を中心に使う・国際線はビジネスクラス中心に使う

今回の記事の主題はJALカードになりますので、先にANAの方を解説してしまいますと、ANAはJALに比べると国際線の特典がとりにくいと思います。国内線も取りにくいようには思いますが、国際線に比べると幾分マシかなと思います。

そして、関東圏以外の国内線についてですが、ANAは大阪発着でもソコソコの便数を確保してくれていまして、小型機中心のJALよりは便利な状況です。

国際線の方ですが、特典が取りにくいのはエコノミー・ビジネスを問わずなのですが、特にビジネスクラスで特典を使いたいという方は、短距離路線・長距離路線を問わずほとんどの場合、ANAの方が断然座席などの設備が良い事が多く、一度ANAのビジネスクラスを利用するとJALには戻れないほどです。ということで、取りにくいのではありますが、ビジネスクラス目当ての場合は、ANAにマイレージを貯める事をオススメしたいと思います。

ANAにマイレージを貯めた場合、ANA自身の特典は取りにくても、提携のアシアナ航空・ルフトハンザドイツ航空・タイ国際航空の3社の特典は大阪発着については、取りやすいように思います。この3社のビジネスクラスはどこもサービスが良く、狙い目です。

ここからは、JALの話に入って行きたいと思います。

さて、今回の記事の主題のJALカードですが、9月30日まで夏旅・秋旅キャンペーンと題しまして、最大で8,200マイルがもらえるキャンペーンを実施しています。さらに、このもれなくもらえるマイルに加えて、抽選でもらえるマイルもあり、ご覧のように100名様に1万マイル、1,000名様に500マイルが当たるとの事です。期間内の新規カードの入会者の数を思うと、500マイルの確率は非常に高いのではないでしょうか?

さて、前にJALでマイレージを貯めた方が良いのは、関東圏にお住まいで国内線を中心に使う・国際線はエコノミークラス中心に使う方・・と述べました。これは、関東圏発着の路線は、どこに行くのにもクラスJを搭載している機材が多く、このクラスJが+1,000円で使えるというのは大変魅力的なためです。実際、特典の取りやすさも魅力ですけどね。

しかしながら、東京圏以外ではJALは東京行き以外ロクに路線がなく、私の地元の関西では札幌・沖縄・羽田行き以外はLCCの方が機材が大型でクラスJもほとんど0という状況です。ということで、関東圏以外にお住まいの方にはあまりJALはオススメできません。

また、国際線について、前にビジネスクラスはANAの方が良いと述べましたが、エコノミークラスであれば両社の差はそれほど感じません。また、全国どこからでも羽田・成田乗り継ぎで同じマイル数で特典を発行する事ができるため、国内線のような地方格差は感じません。ということで、特典の取りやすさも相まって、エコノミークラスの特典狙いの方はJALをオススメしたいと思います。

そんな私ですが、普段はANA・JALとも乗る一方で、ANAの方が遠距離路線が多くマイルが貯まりやすいので、普段の買い物では、JALダイナースカードをメインに使っています。このカード、年会費は高いんですけど、レストラン関係の特典が盛りだくさんですし、グルメ好きの私にはピッタリなんですよね。そして、JALの特典は伊丹から隠岐・種子島・奄美大島と行ったマイナーな路線で使う事に価値を見いだしています。こういった離島路線って、普通に購入すると意外なまでに高いんですよね。


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ