LCCのジェットスタージャパン、成田空港に続き関西国際空港を第2拠点へ☆ - とある航空旅行のインデックス

LCCのジェットスタージャパン、成田空港に続き関西国際空港を第2拠点へ☆

2012年8月17日の関西地区のテレビ局、読売テレビの報道によればLCCのジェットスター・ジャパンが関西国際空港を第2の拠点空港とする見込みであるということです。

実際、ジェットスター・ジャパンは既に関西国際空港と成田空港を結ぶ便を就航していまして、まもなく8月24日から福岡空港行きと新千歳空港行きが就航する見込みとなっています。そう思うと、今更第2拠点であると宣言しなくても既に拠点じゃないのかな?と思ってしまうのですが、改めて報道されるという事は、グループのジェットスター・アジア航空や本体のジェットスター航空も含めて、さらにネットワークを拡大させるという意気込みの表れなのかもしれませんね。

この報道に対し、関西国際空港会社の安藤社長は「ジェットスター・ジャパンが拠点化した場合は、新たなLCC専用ターミナルの建設と検討したい」としているんだそうです。

ジェットスターグループが関西国際空港を席巻するか!?

さて、関西国際空港のLCCと言えば筆頭に上がるのはピーチ航空というのは否定し難いことであります。実際は、スカイマークもなかなかの安さだと思うのですが、どうもスカイマークはマスコミをうまく使えないのか、一般のお客さんからの評判がなかなか上がりませんよね。

スカイマークはさておき、実質ピーチ航空専用となる可能性がある関西国際空港の第2ターミナルが10月28日にオープンしますよね。この事で、さらに関西国際空港から海外へ行くお客さん、海外からいらっしゃるお客さんが増えることになると思います。

話はジェットスターグループに戻りまして、現在の所関西国際空港にはジェットスター航空・ジェットスタージャパン航空・ジェットスターアジア航空の3社が就航するという非常にややこしい状況ですが、ゴールドコーストやケアンズを始め、台湾・マニラ・シンガポール・成田・福岡・札幌とその行き先は結構多彩になってきました。

もし、ジェットスター・ジャパンが第2拠点とするのであれば、那覇空港や九州方面、北海道の新千歳空港以外への就航も期待できるのかもしれませんね。そして、関空をベースとするグループ会社の国際線でアジア各地やオーストラリアという需要も期待できるのかもしれません。

当然、アジア各地から関空経由で国内各地という需要も期待できる訳ですし、関西国際空港ユーザーとしては、ピーチに頑張ってほしいと思いつつ、ジェットスターとの競合でお互いの利便性が高まれば旅行客が増えるきっかけになるのではないか・・と期待して止みません。両社はANA系とJAL系というライバル関係ですし、今後の2社の競争には期待して行きたい所ですね。

この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある航空旅行のインデックス All Rights Reserved.
ブログパーツ